マカオ、違法両替商が詐欺被害…常連客の男逮捕

 近年、マカオのカジノ施設内外においては、「換銭党」と呼ばれる違法両替商が暗躍し、これにまつわる各種犯罪も頻発しており、警察当局が換銭党を社会及びカジノにおける治安悪化の元凶と位置付け、度々大規模掃討作戦を展開するなど、取り締まりを強化して臨んでいる。

 換銭党が存在する背景には、マカオのカジノでプレイする際には主に香港ドルが用いられることから、中国本土から人民元を持ち込む旅客にとって香港ドルとの両替が必要となるケースがあるためだ。警察当局がインバウンド旅客に対して詐欺被害を避けるため正規ルートでの両替を行うよう呼びかけを行っているものの、依然として換銭党が絡む詐欺事件などが後を絶たない。

 一般的に客が被害者となったり、換銭党同士のトラブルがほとんどだが、このほど換銭党が被害者となる珍しい事案が発生した。

 マカオ司法警察局は1月10日、換銭党から45万香港ドル(日本円換算:約837万円)分のゲーミング(カジノ)チップを騙し取ったとして、中国人(中国本土居民)の男1人を逮捕したと発表。

 同局によれば、被害にあった換銭党にとって被疑者は常連客だったといい、相手を信用して送金を受ける前にチップを渡したものの、相手がカジノで全額負けた後、約束していた送金を拒絶したため、騙されたとして警察に通報したという。

 通報を受けた警察がまもなく被疑者を逮捕。被疑者は警察の調べに対し、チップは代理ベットのために提供されたもので、負けた場合に返す必要はないものだったなどと犯行を否認する供述をしたとのこと。ただし、同局は男を相当巨額詐欺罪で検察院送致する方針とした。

マカオ司法警察局(資料)=本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する6陣営の一角にあたるSJMホールディングス社(香港…
  2.  マカオ治安警察局は5月20日、マカオのホテル客室宿泊券を転売して客から金銭を騙し取ったとして40…
  3.  近年、マカオ政府文化局(ICM)では、先人の知識と知恵を広く伝え、文化交流の促進につなげたるため…
  4.  マカオ政府統計・センサス局は5月21日、今年第1四半期(2024年1〜3月)の金融業人材需給及び…
  5.  マカオ政府民航局(AACM)は5月21日、前夜マカオ外港フェリーターミナル併設のヘリポートで危機…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun