マカオ半島とタイパ島を結ぶ4番目の跨海大橋が接合完了

 マカオ政府公共建設局(DSOP)は3月13日、建設中の「第四條澳氹跨海大橋(マカオ半島とタイパ島を結ぶ4番目の跨海大橋)」について、前夜に最終接合作業が完了したと発表。

 同局では、2020年3月26日の着工以来、コロナ禍、悪天候、複雑な地質条件など多くの困難を乗り越え、全工程における最も重要なマイルストーンを達成できたとし、工事は次のフェーズに移り、防食、防水、アスファルト舗装、防護欄干及び防護壁の設置、電気・機械システムの設置及び調整などを進めるとした。

マカオ半島とタイパ島を結ぶ4番目の跨海大橋の接合完了直前の様子(写真:DSOP)

 4番目の跨海大橋は友誼大橋の東側に建設。マカオ半島東部沖合の埋立地とタイパ島北東沖合の埋立地との間を結び、全長は3.085キロメートル(うち跨海部が約2.9キロメートル)、片側4車線(計8車線)のほか、電気・ガス・水道・電話といった各種ライフラインも敷設される。

 なお、全体の竣工予定は今年第2四半期までの予定、また名称の公募も行われており(受付終了)、具体的な開通日、名称は追って発表される予定。開通により、既存の3本の跨海大橋(西側から順に西灣大橋/2005年開通、カルヴァーリョ総督大橋/1974年開通、友誼大橋/1994年開通)の混雑緩和が期待されている。

マカオ半島とタイパ島を結ぶ4番目の跨海大橋が接合完了(写真:DSOP)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は5月27日、同月12日にコタイ地区にある統合型リゾート(IR)併設ホテルの客室…
  2.  マカオ司法警察局は5月27日、食材の横流しに関わったとしてマカオの食品会社に勤務する海外労働者(…
  3.  マカオ司法警察局は5月27日、不正行為によりマカオのカジノ運営企業から約454万香港ドル(日本円…
  4.  マカオ政府体育局とマカオの統合型リゾート(IR)運営企業ギャラクシーエンターテインメントグループ…
  5.  マカオ政府統計・センサス局は5月27日、今年第1四半期(2024年1〜3月)にマカオで開催された…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun