建設中のマカオLRT東線、青茂イミグレーションへの延伸条件整う

 マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」では複数の新線の建設が同時並行で進められているが、このうち東線(East Line)について新たな動きがあった。

 東線は昨年8月に着工し、マカオ半島北端にある主要な陸路のイミグレーション施設「關閘」付近からマカオ半島の北東沿岸、マカオ半島東側の沖合に造成中の埋立地「新城A区」を経由して、海を越えてタイパ島北東部沖に造成中の埋立地「新城E区」を全線地下で結ぶ約7.7キロ、設置駅数は6駅の路線。タイパ島側の終点駅の先に線路を伸ばし、タイパフェリーターミナル駅でタイパ線と接続する計画で、2028年完成予定となっている。

 關閘エリア周辺には中国本土(広東省珠海市)とのボーダーが入り組んだ形で存在しているが、起点となる關閘イミグレーション最寄駅(仮称:ES1駅)建設予定地の真横にあるV字型ゾーン(珠海市拱北口岸東南側の陸地1439平米及び海域2261平米)について、中国国務院が5月24日、中国全人代の決定と関連法に基づき、同月31日からでマカオにマカオLRT東線の用地としてレンタル方式で管轄権を与える決定がなされた。

珠海市で開催されたいわゆるV字型ゾーンの管轄権移行セレモニー=2024年5月31日(写真:GCS)

 記事内の図版(マカオ政府公共建設局が公表したマカオLRT東線建設工事紹介資料より抜粋)の①と②は、①がV字型ゾーンを避けた当初計画、②がV字ゾーンを活用したオプション案の比較。①の場合は行き止まりとなるが、②では西方向への延伸余地を残すことが可能となり、また關閘イミグレーション施設との連絡通路も①より65メートル短縮できるとしている。今回の決定を受け、オプション②の採用が可能となったことから、關閘と並ぶ主要な陸路のイミグレーション施設「青茂口岸」のある青洲エリアへの延伸が現実的に。

 5月31日、珠海市でV字型ゾーンの管轄権移行セレモニーが開催され、珠海市側とマカオ側、また中国中央政府のマカオ出先機関の代表らが出席。マカオ政府行政法務司の張永春司長は宿地の中で、中央、広東省、珠海市によるマカオに対する多大な支持への感謝を述べた後、マカオLRT東線が關閘及び青茂の人流が多い2つのイミグレーションへの延伸条件が整い、マカオ半島北部の渋滞解消、居民、旅客の移動の利便性に大きな効果を発揮し、マカオLRTの利用率向上にもつながり、マカオ全体の交通環境の改善につながると期待を示した。

マカオLRT東線の關閘エリア「ES1駅」の「V字ゾーン」に絡む計画比較(図版:マカオ政府公共建設局の資料より抜粋)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は6月12日、同日カジノ施設などが集積する繁華街のひとつ、マカオ半島新口岸地区に…
  2.  6月12日付のマカオ特別行政区公報(官報に相当)に2023年廉政公署(汚職捜査機関、CCAC)業…
  3.  6月12日付のマカオ特別行政区公報(官報に相当)に新交通システム「マカオLRT」を運営するマカオ…
  4.  マカオ政府衛生局(SSM)は6月12日、マカオでデング熱伝播の高リスクシーズンを迎えているとし、…
  5.  マカオ司法警察局は6月11日、マカオの路上で徒党を組んでスリを行ったとして中国広西チワン族自治区…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun