マカオ人の賭博参加率下落ー地元研究機関調査

マカオ理工学院が主催する「ゲーミング、レジャー、エンタテインメント国際会議」が7月30日に開幕した。初日の検討会でマカオ理工学院ゲーミング・ティーチング&リサーチ研究所の曾忠祿教授による研究発表が行われ、香港及びマカオ居民の賭博(ゲーミング)参加率がここ十年の間で下降していることなどを明らかにした。

曾教授は香港及びマカオ居民の賭博参加率が下降している理由として、長期にわたって賭博が身近にある環境によって、新鮮味が薄れていることを挙げている。

2001年から11年までの10年間に香港の総人口に占めるマカオへ賭博目的で渡航する人の割合は01年の12.1%から11年には11.9%にまで減少したという。また、ベット金額も増えておらず、中位数は100香港ドルとのこと。

マカオの賭博参加率も2003年の20.2%から13年には11.9%まで下落した。カジノ資本の対外開放初期にはが物珍しさもあったが、すでに十年の時が流れ、興奮状態から疲労へと変わりつつあるとみている。

一方、身近に賭博が存在しない中国本土については、マカオに近い広東省よりも、他の省からマカオを訪れる旅客の賭博参加率が高いという。香港からマカオを訪れる旅客100人のうち、賭博目的は約28人だが、広東省からの旅客では40人超、その他の省からの旅客では60人超となる。中国本土からの旅客もマカオの賭博環境に慣れつつあるが、人口が多いことから、一巡するのにまだ時間を要するものと見られる。

マカオがカジノ依存から脱却し、多元化を進めていくことが「世界的レジャーセンター」を目指す政府目標を達成するために必要としている。

マカオ理工学院は公立校等教育機関で、傘下にゲーミングに特化した研究所を持ち、ゲーミングの社会、経済に対する影響などの研究を行うほか、マカオ唯一のカジノディーラー養成所を運営している。

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本誌撮影

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本誌撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は6月13日、マカオで4人の被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、香港…
  2.  マカオ治安警察局は6月13日、公共エリアにおける賭博行為でローカルの男女5人(57〜70歳)を検…
  3.  マカオ政府海事・水務局(DSAMA)は6月13日、同局が管轄するギア灯台(東望洋燈塔)について、…
  4.  英「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)」は6月12日、2024年度のTHE世界大学影…
  5.  マカオ司法警察局は6月12日、同日カジノ施設などが集積する繁華街のひとつ、マカオ半島新口岸地区に…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun