おとり捜査や罰則強化盛り込むーマカオのタクシー新法案

マカオ政府交通事務局と法務局は8月8日に記者会見を行い、タクシー新法(檢討輕型出租汽車(的士)客運法律制度)に関するパブリック・コンサルテーションを実施することを発表。法案にはおとり捜査の導入やタクシー営業許可証の停止及び剥奪を含む罰則の強化が盛り込まれた。

マカオでは悪質なドライバーによる法外な運賃の要求や乗車拒否などが度々発生しており、大きな社会問題へと発展。観光都市としてのマカオの印象を悪化させる大きな要因にもなっている。最近になって一斉検挙を行うなど取り締まりが強化されているものの、現行法では罰則が緩いこともあり予防効果が低い点なども指摘されており、より有効なタクシー関連法の検討されてきた。

今回の法案では捜査官が旅客に扮してタクシーに乗り込むおとり捜査の導入が盛り込まれた。その上で、捜査官は受動的であることを必須とし、違反行為を誘発することはしないことも明文化されている。違反行為に対する罰則の強化についても、罰金の引き上げやタクシー営業許可証の停止や剥奪を可能とし、治安警察局に監察及び処罰権を与え、交通事務局とともに取り締まりにあたるとしている。タクシー車内に録音機器を設置することについては、プライバシーを考慮して違反調査目的のみに用途を限定するとした。

タクシー新法に関するパブリック・コンサルテーション期間は8月9日から45日間。期間終了後、速やかに年内をめどに正式法案化される。

タクシー新法案に関するパブリック・コンサルテーション実施について記者会見を行う法務局の張永春局長と交通事務局の汪雲局長(写真:新聞局)

タクシー新法案に関するパブリック・コンサルテーション実施について記者会見を行う法務局の張永春局長と交通事務局の汪雲局長(写真:新聞局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は7月18日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  2.  マカオ司法警察局と治安警察局は7月17日に合同会見を開き、同月16日にマカオ半島新口岸地区にある…
  3.  マカオ治安警察局は7月17日、マカオ半島北部にある關閘エリアの路上にいた男性に声をかけて模造品の…
  4.  このほどマカオのゲーミング規制当局(博彩監察協調局=DICJ)が公表した今年第2四半期(2024…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)6月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun