貸付総額75億円 マカオ返還後最大のカジノ高利貸集団主犯格に懲役6年の実刑判決

1999年にポルトガルから中国へ返還されて以来、マカオ最大となるカジノ高利貸事件の初級法院での裁判が11月22日に結審した。この事件は、マカオの高利貸グループが14年前から黒社会(反社会的集団)を背景に持つ商人を操り、貸付け、利息及び元本の回収、債権者の監禁、債権者の追跡などを行っていたとされるもので、貸出総額は5億パタカ(日本円換算:約75億円)に上る。

初級法院の蕭偉志裁判官は、黒社会との関係性については確証がないとしたものの、高利貸行為、組織的犯行であることが認められるとし、主犯格で商人の李志洪被告(44歳・男)に懲役16年の実刑判決を下した。グループメンバーの男女14人については、2人が無罪、残る12人がそれぞれ5ヶ月〜4年の懲役、カジノ入場禁止2〜4年などの刑となった。

この高利貸グループは2000年6月からカジノ客を対象にした高利による貸付けをスタートし、返済不能に陥った客に対して厳しい取り立てを行っていたという。マカオ司法警察局が3年にわたる捜査を経て、昨年(2013年)6月25日に大規模掃討作戦を実施し、関係者の逮捕、2500枚の借用書と100冊の帳簿などを押収することに成功していた。

司法警察局の調べによると、同グループは顧客がカジノでベットする金額の1〜3割、チップ交換時に3割などを元本及び利息として回収していたという。

マカオでは、同種のカジノ高利貸し事件が金額の大小を問わず頻繁に発生している。本紙がマカオのカジノ仲介人の関係者に話をきいたところ、そのほとんどが中国本土出身の個人またはグループが、中国本土からマカオのカジノを訪れたギャンブラーを食い物にしているという。中国人はもともと博打好きで知られるが、高利貸の被害に遭う人は「自分だけは勝てる」と思っている自信家が多いとのこと。債務をカジノゲームの勝ちで返済できない場合、中国本土の親戚縁者が金を用立てて返済せざるを得ないという。現状は中国人同士が加害者と被害者になっているケースがほとんどで、日本人やマカオ人はターゲットになっていないと話す。

カジノチップとバカラのゲーミングテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノチップとバカラのゲーミングテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオで複数のカジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナ社は4月18日、今年(2024…
  2.  マカオ政府衛生局(SSM)は4月17日夜、マカオで今年(2024年)4人目となる在郷軍人病(退役…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  4.  このほどマカオのゲーミング規制当局(博彩監察協調局=DICJ)が公表した今年第1四半期(2024…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun