鉄火場からIR志向へ=マカオのカジノライセンス更新問題、来春から具体的検討開始

マカオの月間カジノ売上が今年6月以降、6か月連続で前年割れとなっており、今月に入って、マカオ政府もカジノ産業調整期に入ったことを公式に認めた。崔世安行政長官は12月20日、マカオ返還15周年記念晩餐会に出席した際、ノンゲーミング要素をバランスよく配した統合型リゾート(IR)への転換によるカジノ産業の「健全化」を進めることで、持続的成長が可能との考えを示した。

現在6社が保有するマカオのカジノ(ゲーミング)ライセンス(一部サブライセンス方式)が2020年、2022年に相次いで満期を迎える。崔行政長官は、来年(2015年)春から具体的な検討が進めると語り、初めて時期を明言した。ライセンス更新条件にノンゲーミング要素の拡充がどういった形で盛り込まれるのか、新規ライセンス発給の有無などに注目が集まる。

また、崔行政長官は、カジノ産業が調整期に入った理由として、国際環境及び政策との関連を挙げた。この発言の背景には、習近平国家主席就任後、中国本土の反汚職キャンペーンによる綱紀引き締めが強まり、マカオのカジノ売上の大半を占める中国本土のVIPカジノ客のマカオ渡航ブームに急ブレーキがかかった現状がある。

同日午前、マカオで演説を行った習近平国家主席もマカオ政府に対して経済多元化を推進するよう注文を付けた。来年春以降、カジノ産業の今後の方向性を検討する中で、これまで博打一辺倒だったカジノ(ゲーミング)への高依存体質を改め、ノンゲーミング要素の拡大による健全化、経済多角化策を加速させ、業界の再浮上を図るものとみられる。

マカオのカジノ運営会社6社の直近の業績をみると、最大手ながら本格的なIR施設を持たず、VIPカジノへの依存度が高いSJMグループが苦戦している中、IR志向の強いサンズチャイナ、ギャラクシーエンターテイメント、メルコ・クラウン・エンターテインメントといった企業は比較的安定した結果を残している。

マカオ返還15周年記念晩餐会で演説を行う崔世安マカオ行政長官=12月20日、マカオタワー(写真:GCS)

マカオ返還15周年記念晩餐会で演説を行う崔世安マカオ行政長官=12月20日、マカオタワー(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで7日間にわたって開催された「ITTF(国際卓球連盟…
  2.  マカオでは、ひと頃に比べて状況は落ち着いたものの、依然として悪質タクシーが暗躍しており、市民や観…
  3.  マカオ治安警察局の発表によれば、4月19日から同日からポルトガルとシンガポールのパスポート保有者…
  4.  マカオ司法警察局は4月19日、同月17日にマカオの公共の場所でフィリピン人とみられる男らが集まっ…
  5.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで開催中の「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカッ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun