マカオの新婚さんの4分の1強が中国本土出身の伴侶と=5年でおよそ1.8倍に

マカオと中国本土の交流が一層密接になる中、マカオでは中国本土出身の伴侶と結婚する例が増えている。2013年のマカオの婚姻登録総数4153件のうち、夫または妻が中国本土出身者という割合は、全体の26.5%を占める1102件に上った。

マカオにおける中国本土出身の伴侶と婚姻は、2008年には626件あり、全体に占める割合は22.5%だった。5年間で、件数はおよそ1.8倍に増え、割合は4ポイント上昇した。

マカオは中国本土の広東省珠海市と陸続きの位置にあり、昨年(2014年)12月18日から、両地の間で24時間通関化が実現。中国本土からマカオに出稼ぎにくる労働者の数も増加の一途、ビジネスやレジャー目的で中国本土を訪れるマカオ人も増えている。今後、マカオと中国本土の間の交流はより一層進むとみられることから、一方の伴侶を中国本土出身者とするマカオのカップルが増えることも予想される。

一方で、マカオにおける中国本土出身者との婚姻は、なかなかスムーズに行かないことも多いようだ。まず、言葉の問題。マカオの公用語は中国語とポルトガル語だが、中華系住民の間では主に中国語の方言の1つである広東語が使われている。また、文字についても繁体字を使っており、中国本土のいわゆる北京語、簡体字という組み合わせとは異なる。最近では、北京語も通用するようになっているものの、ストレスなくマカオの生活に溶け込むためには、広東語の理解が必要なようだ。

もう1つ、大きな壁が立ちはだかるという。中国本土では、依然として移動に関する制限が多い。マカオの伴侶と結婚し、マカオで生活する場合にも、まず「単程証」と呼ばれる出国許可(この場合は、移住用の「片道切符」に相当するもの)を取得した上、さらに、マカオ側で居留許可獲得のための申請をする必要がある。「単程証」については、申請から実際に発給されるまでの期間がまちまちで、長い人では数年かかる場合もあるという。例えば、マカオの男性が中国本土出身の女性と結婚した場合、先行して申請した妻の単程証よりも、後から申請した夫婦の間にできた子供のものが早く発給されるといったこともあるようだ。家族全員がマカオの同じ屋根の下で暮らすまでに長い時間がかかり、親子バラバラで暮らさざるを得ないという状況も多いようだ。同様の問題は、香港でも発生しているという。

マカオ治安警察局の資料によると、2000年9月から2014年9月までの間に単程証を持って中国本土からマカオへ移民した数は6万811人おり、このうち婚姻による夫婦同居名義が2万8702人、父母呼び寄せが2万8508人、子女が976人となっている。

なお、マカオ居留権を獲得するための偽装結婚事案も少なからず存在するといい、当局による取り締まり強化が期待される。

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府衛生局は4月19日夜、「人食いバクテリア」と呼ばれる細菌のひとつ、ビブリオ・バルニフィ…
  2.  マカオ政府統計調査局は4月19日、今年(2024年)2月の飲食業と小売業に関する景気調査結果を公…
  3.  4月19日付のマカオ特別政府区公報に「不動産需要管理に関する税制措置の撤廃」法が掲載され、翌日(…
  4.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  5.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun