マカオで論議、マンガ喫茶は違法宿泊施設か?=当局が調査に着手

近日、マカオで営業中のいわゆる「マンガ喫茶」について、違法宿泊施設にあたるのではないかとの指摘があり、当局が調査に着手していることがわかった。マカオではホテル価格が高騰しており、格安宿泊施設の数も少ないことから、中国本土や香港からマカオを訪れる若い旅行者の間で人気を博しているという。

マカオの日刊紙「澳門日報」が1月18日付紙面で報じた。議論の対象となっているマカオ版のマンガ喫茶は、マカオの中心部にある商業ビルの1フロア、およそ930平米を使って「図書休憩室」の名前で2年前から営業しているという。日本のマンガ喫茶と似た雰囲気で、閲覧席として一般のリクライニングソファ席、4人用と5人用の個室型VIPルームが用意されているほか、フロアには多数のマンガや雑誌などの蔵書が並ぶ書棚、マッサージチェア、ロッカー、充電用のコンセント、シャワールーム、無料Wi-Fiといった設備やサービスがあるという。一般席の利用料は1時間あたり30パタカ(日本円換算:約440円)で、最大課金は10時間分、VIPルーム利用の場合は1時間あたり35パタカ(約510円)が追加されるとのこと。また、中国本土のインターネット通販サイト「タオバオ」を通じて事前申し込みと決済を行う場合、事実上翌朝まで過ごせるコースを格安な価格で利用できるようにもなっているという。

しかしながら、この施設では、ビルの営業時間の関係で、午後10時から午前8時まで間、出入りが遮断されるという。事実上、ビルの中に缶詰となることから、消防上、衛生上の問題も指摘されている。

施設側では、夜通しの利用は推奨しておらず、あくまでも顧客の自由意志に基づくものとしているという。また、シャワー設備は従業員向けのものであり、顧客に貸し出しているとの認識だ。よって、シャワーブース内には洗髪料などは設置されていないとのこと。

この施設について、インターネットの交流サイト上では、立地の良さや価格の安さを挙げ、費用対効果が高いとする意見が多かったというが、午後10時から午前8時までの間の出入りが制限されることに関して火災などの緊急事態が発生した場合への対応を懸念する意見も見受けられた。

マカオでは一般向けに有償で宿泊場所を提供する場合、厳格な基準に基づいた審査を経て、ホテル営業ライセンスを獲得する必要となる。一方、「休憩」については、許認可制のサウナやマッサージ店などの一部業種を除き、法律上明確な規定がないことから、グレーゾーンともいわれている。違法宿泊施設問題を管轄する旅遊局では、すでにこのマンガ喫茶に対する調査に着手しているといい、明らかな違法行為があると判断した場合、施設の封鎖などの措置に踏み切るとしている。

日本ではすでにお馴染みの存在となっているマンガ喫茶だが、マカオではこれまでになかった新しいサービスであることから、今後当局がどのように対応するのかが注目される。

合法宿泊施設への宿泊を呼びかけるチラシ(旅遊局ウェブサイトより)

合法宿泊施設への宿泊を呼びかけるチラシ(旅遊局ウェブサイトより)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで4月15日から21日にかけて「ITTF(国際卓球連…
  2.  澳門海關(マカオ税関)は4月12日、各イミグレーション施設で検査体制の強化を図り、違法な運搬活動…
  3.  マカオ大学マカオ研究センターと経済学部は4月12日、2024年マカオのマクロ経済予測の修正版を発…
  4.  マカオは面積約32平方キロ(東京の山手線の内側の約半分に相当)という小さな地域だが、公共路線バス…
  5.  澳門海關(マカオ税関)は4月12日、同月10日に中国本土との主要な陸路の玄関口のひとつにあたる關…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun