急増する中国本土からの爆買い客、地下鉄に「運び屋」専用車両導入提案へ=香港地方議会

近年、中国本土から香港を訪れる旅客が急増している。昨年(2014年)中国本土から香港を訪れた旅客数は前年比16%増の4700万人となり、旅客総数の実に78%を占めた。

香港は北部の新界地区で中国広東省シンセン市と接しており、陸路のボーダーを経由して容易に往来することができる位置関係にある。また、広東省シンセン市の住民は一度の手続きで何度も香港を訪問できるマルチ(数次)入境許可証を取得することができることから、新界地区には中国本土から「水貨客」と呼ばれる仕入れと運び屋を兼ねた旅客が曜日を問わず大量に押し掛けている。

昨今、日用品などを買い漁る「爆買い」行為がエスカレートする中、生活必需品の品切れや価格高騰、繁華街や交通機関の混雑などに対する地元住民の不満も高まり、デモ行為や小競り合いといった摩擦もたびたび発生している。

複数の香港メディアが3月2日、3日にかけて相次いで報じた内容によると、新界エリアの地方議会にあたる北区区議会の交通運輸委員会が、大量の荷物を車内へ持ち込む「運び屋」による車内やホームの混雑による地元住民への負担軽減を図るため、香港の地下鉄運営会社MTRに対し、大型手荷物専用車両の導入を提案するという。

同委員会がコンサルティング会社に委託して中国ボーダーから香港北区の人口密集地を経由して都心部へ向かうMTR東鉄線の利用者1028人(97%が北区住民、78%が週に10回以上同線を利用)へのアンケート調査を実施した結果、ラッシュ時間帯について87%が車内混雑、71%がホームの混雑を感じていると回答を得たという。その大半が理由として運び屋の大型手荷物やキャリーによるスペース占拠を挙げた。香港では整列乗車が徹底されているが、運び屋による割り込みや、出入口付近の占拠による乗降不便、大きな荷物との接触による危険性などを指摘する声も上がったとのこと。

同委員会では、荷物棚などを整備した大型手荷物専用車両を列車の先頭または後尾に設置し、一般乗客と導線を分けることで、ホーム及び車内の混雑による安全性と快適度の向上が期待できるとしている。

現在、MTR東鉄線の列車は12両編成で運転しており、グリーン車にあたる「頭等(ファーストクラス)」と呼ばれる特別車を1両を併結している。通勤ラッシュ時の運転間隔はおよそ2.5分に1本。

香港の新界地区東北部と九龍半島南部を結ぶMTR東鉄線列車(資料)=上水駅—本紙撮影

香港の新界地区東北部と九龍半島南部を結ぶMTR東鉄線列車(資料)=上水駅—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局の発表によれば、4月19日から同日からポルトガルとシンガポールのパスポート保有者…
  2.  マカオ司法警察局は4月19日、同月17日にマカオの公共の場所でフィリピン人とみられる男らが集まっ…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで開催中の「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカッ…
  4.  このほど、マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオのファミリープログラム…
  5.  マカオ政府統計センサス局(DSEC)は4月19日、2023年環境統計を公表。同年のマカオの陸地面…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun