海南航空、食用廃油使った新型バイオ航空燃料で商業飛行に成功=中国初

3月21日午前、新型バイオ航空燃料を搭載し、乗客156名と乗員8名を乗せて上海から飛び立った海南航空のB737-800型機が無事に北京へ到着した。バイオ燃料を使った商業飛行としては中国初の出来事となる。

マカオの日刊紙「澳門日報」が3月22日付誌面で新華社北京電を引用して報じた内容によると、今回のフライトで2機のエンジンに使用された燃料は中国最大の石油会社シノペック(中国石化)が飲食店から回収した「地溝油」と呼ばれる再生食用油を原料としたバイオ燃料と従来型のジェット燃料を1対1で混合させたものという。

シノペックの広報担当によると、今回使用したバイオ航空燃料は同社が自主開発したもので、数々のテストをクリアした安全性、生産の効率性、さらに環境にも優しいものだという。新型バイオ航空燃料の生産を継続することで、二酸化炭素放出量を50〜80%低減させることが可能とのこと。

なお、ドイツのJACDEC(航空機事故データ評価センター)が2014年に発表した世界の航空会社の事故歴、事故による死傷者数、旅客輸送量などの各種データから算出された安全度指数のランキングによると、海南航空は中国本土を本拠地とする航空会社中で最高位となる14位に位置している。

海南航空B737-800型機による中国初のバイオ航空燃料を使った商業飛行が成功=3月21日、北京(写真:中国石化)

海南航空B737-800型機による中国初のバイオ航空燃料を使った商業飛行が成功=3月21日、北京(写真:中国石化)


シノペックが自社開発した食用廃油を原料の一部とした新型バイオ航空燃料の輸送車=3月21日、上海(写真:中国石化)

シノペックが自社開発した食用廃油を原料の一部とした新型バイオ航空燃料の輸送車=3月21日、上海(写真:中国石化)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…
  2.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  3.  マカオでは、政府とカジノIR(統合型リゾート)運営6社がコラボレーションし、域内の旧市街地エリア…
  4.  マカオ政府交通事務局は4月15日、電子決済の普及と使用が進む状況を鑑み、マカオ金融管理局及び公共…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営SJMリゾーツ社は4月16日、国際的に権威ある格付け機構として…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun