マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのエッフェル塔で封頂式=大型カジノIR「パリジャン」のシンボル、16年下半期開業予定

カジノ2015/10/15 20:05

マカオ・コタイ地区では、マカオのカジノ経営ライセンスを保有する6陣営による大型カジノIR(統合型リゾート)の建設ラッシュが進む。

米ラスベガスサンズグループ傘下でヴェネチアンマカオやサンズコタイセントラルなどのIRを運営するサンズチャイナは10月15日午後、2016年下半期の開業に向け工事を進めるフランス・パリをテーマにしたIR「パリジャンマカオ」のシンボルとなる「エッフェル塔」の封頂式を開催した。

こちらのエッフェル塔はパリの本家エッフェル塔の建設当時(1899年)の姿を再現したものといい、高さは本家の2分の1となる約160メートル、38階建てのビルに相当する。また、単なるレプリカではなく7階と38階に展望台が設けられる予定で、カジノIRが建ち並ぶコタイ地区の眺望を楽しめるとのこと。また、6階には展望レストランも入るという。

パリジャンマカオはエッフェル塔のほか、およそ3000室のホテル客室、カジノ、ショッピングモール、コンベンション、シアターなどで構成され、ノンゲーミング(非カジノ要素)の充実により大人から子供まで幅広い年齢層が楽しめる施設を目指すとしている。

封頂式ではスタッフのユニフォームも披露された。

なお、エッフェル塔はラスベガスのIR「パリス・ラスベガス」にも設置されており、サイズはマカオと同じく本家の2分の1となる。

「パリジャンマカオ」エッフェル塔=マカオ・コタイ地区、10月15日(写真:Sands China Limited)

「パリジャンマカオ」エッフェル塔=マカオ・コタイ地区、10月15日(写真:Sands China Limited)


「パリジャンマカオ」エッフェル塔の封頂式=マカオ・コタイ地区、10月15日—本紙撮影

「パリジャンマカオ」エッフェル塔の封頂式=マカオ・コタイ地区、10月15日—本紙撮影


「パリジャンマカオ」エッフェル塔の封頂式で披露されたスタッフのユニフォーム=マカオ・コタイ地区、10月15日ー本紙撮影

「パリジャンマカオ」エッフェル塔の封頂式で披露されたスタッフのユニフォーム=マカオ・コタイ地区、10月15日ー本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年8月24日発刊 (9月号 vol.087」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース