マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

珠海・九洲港との連絡船も―タイパ新FT

珠江デルタ2012/12/24 09:15

政府が来年(2013年)下半期にもテスト開業を予定しているタイパフェリーターミナル(北安碼頭)について、広東省とマカオを結ぶ新しい海上玄関口機能への期待が高まっている。ボーダーゲート(關閘)やマカオフェリーターミナル(外港碼頭)といった既存出入境施設の混雑緩和策が検討されている。

23日付の地元有力紙「澳門日報」が報じたところ、新タイパフェリーターミナルは毎時40本のフェリーが発着可能。400人乗りフェリー用16個、1,200人乗りフェリー用3個、屋上にはヘリポート1個、さらにフェリーターミナルからマカオ国際空港への連絡通路も設置される。

また、珠海市の九洲港との間で高速フェリーをシャトル運航するという意見もあるという。フェリーターミナルと空港の間を結ぶ連絡通路を経由し、旅客はマカオ出入境手続きをすることなく直接マカオ国際空港発着の航空便への乗り継ぎが可能となる見通し。これまで広東省方面からボーダーゲート経由でマカオ入りしていた旅客の分散を図り、既存出入境施設の混雑緩和を図れるのではないかと期待されている。

新タイパフェリーターミナルはテスト営業を経て、2014年中にも開業の見通し。

建設中のタイパフェリーターミナル(資料)=2012年12月―本紙撮影

建設中のタイパフェリーターミナル(資料)=2012年12月―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2023年1月24日発刊 (2月号 vol.116」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース