マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

18年9月にマカオへ襲来した台風22号による推計経済損失額は約236億円…統計局が訂正値を公表

産業・経済2019/05/09 18:05

昨年(2018年)9月16日に超大型の台風22号(国際名:マンクット)がマカオへ襲来。最高レベルの台風警報となる「シグナル10」が長時間にわたって発令されたことは記憶に新しい。

マカオにおよそ40軒あるカジノ施設が33時間にわたって史上初の全面閉鎖となるなど、マカオ経済の屋台骨となる観光業にも大きな影響が及んだ。

マカオ政府統計調査局は5月9日、官民の各種資料及び聞き取り調査などを元にした推計経済損失額の修正値を公表。直接損失が6.91億マカオパタカ(日本円換算:約94億円)、間接損失が10.45億マカオパタカ(約142億円)、合計17.36億マカオパタカ(約236億円)とした。

なお、昨年11月に公表した初歩統計では、直接損失が5.17億マカオパタカ(約70億円)、間接損失が10.33億マカオパタカ(約140億円)の合計15.50億マカオパタカ(約210億円)で、1.85億パタカ(約25億円)の上振れとなった。差が生じた理由について、初歩統計完成後、公共部門へのアンケート調査を実施し、その所管機構及び施設に対する直接損失のデータを加味したこと、最新経済データによる各業界の関節損失を再評価したことを挙げた。

2018年台風22号の影響で浸水被害の出たマカオ半島内港エリアで救援活動を行うマカオ保安部隊ら(資料)=2018年9月16日(写真:GCS)

2018年台風22号の影響で浸水被害の出たマカオ半島内港エリアで救援活動を行うマカオ保安部隊ら(資料)=2018年9月16日(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 4月25日発刊 (5月号 vol.071」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース