マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

「港珠澳大橋」開通1周年…マカオ側イミグレーション経由の出入境者数は累計1300万人超

珠江デルタ2019/10/25 10:24

 中国が国家プロジェクトとして推進してきた香港と珠海(広東省)、マカオの三地をY字型につなぐ「港珠澳大橋(ホンコン・ジュハイ・マカオ・ブリッジ)」が10月24日午前9時に正式開通してから丸1年が経過した。

 マカオ治安警察局は10月24日、港珠澳大橋開通満1周年にあたり、大橋のマカオ側イミグレーション経由の出入境旅客統計を公表。

 同局によれば、大橋を利用するマカオ市民と旅客の数は増加が続いているとし、正式開通からこれまでの累計通関者数は延べ1300万人超に上ったとのこと。内訳はマカオ居民が18%、香港居民が36%、中国本土居民が38%。また、これまでの単日最多通関者数は春節(旧正月)3日目にあたる2月7日に記録した7.8万人だったという。

  港珠澳大橋は海底トンネルと複数の海上橋などで構成され、接続道路を含む総延長は世界最長の55キロに上る。

港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設から大橋を望む(写真:マカオ治安警察局)

港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設から大橋を望む(写真:マカオ治安警察局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース