マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのホテル業界、フルタイム従業員数対前年4.0%増の約6万人…人材需給バランスも良化=19年第3四半期

産業・経済2019/11/30 09:15

 マカオ政府統計調査局は11月29日、今年第3四半期(2019年7〜9月)のホテル業界人材需給及び報酬調査統計を公表。

 今年第3四半期末時点におけるホテル業界のフルタイム従業員数は6万0614人で、前年の同じ時期から4.0%の増加だった。今年9月のフルタイム従業員の平均月給(賞与等臨時給含まず)は前年同月から3.0%増の1万8590マカオパタカ(日本円換算:約25.3万円)。

 今年第3四半期末時点における空きポジションは前年の同じ時期から1041枠減の1395枠。空きポジションの採用条件に関しては、70.8%が中国語(いわゆる北京語)、49.6%が英語能力をそれぞれ必要とした。

 今年第3四半期の従業員採用率は5.0%、離職率は3.6%、求人率は2.2%で、前年の同じ時期からそれぞれ1.4、1.6、1.8ポイントの下落となり、前年同時期との比較で業界における人材需給バランスも良化している(空き枠が埋まっている)状況を示す結果だった。

 近年、マカオでは新興埋立地のコタイ地区及びマカオ半島の沿岸地区を中心に大型カジノIR(統合型リゾート)、ホテルを含む複合ビル等の建設ラッシュが続いている。

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2018年2月ー本紙撮影

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2018年2月ー本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年11月25日発刊 (12月号 vol.078」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース