マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

世界遺産ナーチャ廟で火災、本殿は無事

社会・政治2013/04/02 08:39

3月31日午後9時頃、世界遺産ナーチャ廟に併設の広さ約92平米の倉庫から出火。倉庫内に保管されていた線香などの大半を消失したというが、懸命の消火活動により延焼を免れ、本殿部分は無事だった。初期調査によると、出火の原因は電気湯沸かし器の配線のショートとみられる。

地元有力紙「澳門日報」が1日、2日付誌面で伝えた。世界遺産を管轄するマカオ特別行政区政府文化局では、中国国家文化局を通じてユネスコへレポートを提出するという。

ナーチャ廟の本殿も消火活動により水浸しになっており、今後詳しい出火原因究明や防火対策のため、しばらく一般による見学を制限する。再開についてはナーチャ廟を舞台に毎年開催される恒例行事ナーチャ祭に間に合うよう、6月頃を目指す予定という。

ナーチャ廟(資料)=2013年4月—本紙撮影

ナーチャ廟(資料)=2013年4月—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 3月26日発刊 (4月号 vol.070」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース