マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、2月のインバウンド旅客数が対前年95.6%減…新型コロナの影響甚大

産業・経済2020/03/20 18:21

 マカオ政府統計調査局は3月20日、今年(2020年)2月の訪マカオ外客数(インバウンド旅客数)統計を公表。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行下、1月下旬から入境制限を含む厳格な防疫対策が講じられる中、2月のインバウンド旅客数は前年同月から95.6%減の15万6394人(延べ、以下同)にとどまった。同月は15日間にわたる(2月5〜19日)カジノ施設の休業もあった。

 2月のインバウンド旅客全体のうち、宿泊を伴う旅客は96.0%減の8万1090人、日帰り旅客は95.0%減の7万5304人。宿泊を伴う中国本土旅客が多く、その滞在時間も長かったことから、旅客の平均滞在時間は1.8日延びて2.8日に。内訳は宿泊を伴う旅客は2.1日延びて5.4日、日帰り旅客は0.2日短い0.1日。

 国・地域別で最多だったのは中国本土旅客で、97.2%減の7万2307人。個人旅客に限ると99.6%減の5822人。中国本土旅客が全体に占める割合は46.2%。マカオに近い広東省の珠江デルタ地域にある9市からの旅客い限ると97.6%減の2万3907人だった。

 その他の国・地域では、人数が多い順に香港が90.5%減の6万2489人、台湾が92.8%減の5967人、フィリピンが89.3%減の3379人、インドネシアが85.4%減の1762人、米国が91.1%減の1262人、韓国が98.6%減の1200人、日本が95.5%減の978人。

 1〜2月累計のインバウンド旅客数は前年同時期から56.9%減の300万6859人。このうち中国本土旅客は56.5%減の220万4339人で、全体に占める割合は73.3%。

 参考までに、昨年通期のインバウンド旅客数は前年から10.1%増の3940万6181人で、3年連続で過去最多を更新。中国本土旅客が占める割合は約7割だった。

 外国からの輸入症例を阻止するため、入境制限は3月に入って以降も一層強化が進んでおり、ほぼ鎖国に近い状況。アジア有数の観光都市にとって経済的打撃は大きく、試練の日々が続く。

 なお、2月の月次カジノ売上は87.8%減の31.04億マカオパタカ(日本円換算:約427億円)、1〜2月累計では49.9%減の252.29億マカオパタカ(約3468億円)だった。

新型コロナの影響でインバウンド旅客が激減したマカオ。写真は観光名所、世界遺産・セナド広場=2020年2月26日本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年3月26日発刊 (4月号 vol.082」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース