マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

港珠澳大橋シャトルバスの香港〜マカオ線が1ヶ月ぶり運行再開…まず1日6往復から

珠江デルタ2020/05/07 14:41

 港珠澳大橋の香港側とマカオ側のイミグレーション間を結ぶ港珠澳大橋シャトルバス(通称:金巴=ゴールドバス)運行会社は5月7日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫対策の一環として運休していた香港〜マカオ線について、8日から一部再開すると発表。運行再開はおよそ1ヶ月ぶり。

 運行本数は1日6往復で、香港側、マカオ側とも出発時間は10時30分、12時、14時、16時、18時、20時10分の予定。

 シャトルバスの運行は再開となるものの、香港、マカオ両政府は厳格な入境制限を維持しており、両地の往来については限定的なものとなる見通し。

 このほか、港珠澳大橋経由のクロスボーダーバス、フェリー(高速船)、ヘリコプターについては運休が続いており、再開のメドについても未発表。

車体の色から金巴(ゴールドバス)と呼ばれる港珠澳大橋シャトルバス(資料)–本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年10月23日発刊 (11月号 vol.089」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース