マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの街頭監視カメラが現状2倍の1620台体制に…犯罪捜査に活用し成果

社会・政治2020/08/05 17:03

 マカオ政府は、安全な都市づくり及びITを活用した警察力向上の一環として「天眼(スカイアイ)」と呼ばれる街頭監視カメラの設置を進めている。

 2016年から2018年までに3期にわたって820台が稼働済みで、明日(8月6日)午前0時から第4期の800台が新たに稼働し、合計1620台体制となる。

 マカオ警察総局が8月5日発出したプレスリリースによれば、これまでに殺人、麻薬密売、強盗、窃盗、放火、禁止武器所持、傷害、拾得物不正占有、詐欺など5082件の犯罪捜査において天眼を活用したとのこと。目下、運用状況は良好で、期待した成果が得られているとした。

 今後の第5、第6期の設置計画も進めており、学校及びバス停等の公共交通機関周辺や商業施設周辺といった人の密集する公共エリアへの設置を検討しているという。マカオ政府では、2023年までに2600台、2028年までに4200台体制とする目標を掲げている。

 参考までに、マカオの面積は約32平方キロ。東京の山手線の内側のおよそ半分に相当する。

マカオの街頭監視カメラ「天眼(スカイアイ)」のイメージ(写真:マカオ警察総局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース