マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ衛生局、ベトナム製の鼻炎治療薬1商品の回収を指示…微生物限度超えを理由に

その他2020/10/27 19:53

 マカオ政府衛生局(SSM)は10月27日、マカオ市場に流通する薬品に対する通常サンプリング検査の結果、ベトナムの製薬会社Vacopharm Pharmaceutical Joint-Stock Companyが生産した鼻炎薬「Witt Cestasin Capsules(維特鼻靈)」について、微生物限度が薬局方基準を超えたことがわかったとし、輸入業者に対して回収を指示したと発表。

 輸入業者がSSMに提供した資料によれば、当該商品はマカオの薬局に供給されているという。SSMでは、輸入業者及び卸売業者に対して商品の回収を要求済みとし、すでに購入した場合は薬局の薬剤師に相談し、処理の手配を受けるよう呼びかけた。

マカオ政府衛生局が回収を指示したベトナム製の鼻炎治療薬(写真:SSM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年11月24日発刊 (12月号 vol.090」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース