マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ・タイパFTと珠海・九洲港を結ぶフェリーが就航へ…1日10往復

珠江デルタ2021/02/19 11:42

 マカオ政府海事水務局(DSAMA)は2月19日、マカオのタイパフェリーターミナルと広東省珠海市の九洲港を結ぶフェリーが3月1日に就航すると発表。

 同局によれば、始発はタイパFTからが午前8時30分、九洲港からが午前9時10分。就航開始初期については1日20便(10往復)とし、運航間隔はおよそ1時間に1本とのこと。今後、状況をみて増便も検討するとした。所要時間は約25分。

 マカオ政府はタイパFTのほか、マカオ半島にある外港FTと九洲港を結ぶフェリーの就航も検討している。

 マカオと珠海市は陸続きとなっており、ほかにも複数の陸路、海路のアクセスが存在する。今回新ルートを開設した理由について、DSAMAでは市民と旅客により多くの選択肢を提供するためと説明している。タイパFTはマカオLRTタイパ線の駅と直結しており、カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶコタイ地区にアクセスしやすい。

 目下、マカオにおける新型コロナの流行状況は落ち着いており、輸入性及び輸入関連性事例を除き、市中における感染確認に関しては2月18日まで326日連続ゼロ。すでに中国本土との往来制限の緩和が進み、中国本土からのインバウンド旅客が戻りつつある中でも長期にわたって市中感染ゼロを維持できていることから、域内、周辺地域、世界の流行状況に応じて迅速に防疫措置の内容を調整する方策が機能しているといえる。

 今回就航するフェリーの利用にあたっても、健康コードの提示やマスク着用などの所定の条件をクリアする必要があり、従わない場合には船会社が客の乗船を拒否できることになっている。

マカオ・タイパフェリーターミナルと珠海・九洲港を結ぶ航路に就航するフェリー(写真:DSAMA)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年2月24日発刊 (3月号 vol.093」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース