マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、グランドエンペラーホテル併設カジノの営業終了へ

カジノ2022/04/02 12:25

 マカオ半島中心部にあるグランドエンペラーホテル運営会社は4月1日夜、今年(2022年)6月26日に同ホテルに併設するカジノ施設の営業を終了すると発表。

 運営会社では、新型コロナウイルス感染症の流行によって過去2年間にわたって厳しいビジネス環境に直面する中、ハイエンドゲーミング(カジノ)市場の見通しが暗いことを考慮し、今年6月26日に満期を迎える(マカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結するライセンス保有者である)SJM社との契約を更新しないことを決めたと説明。ホテル事業については継続するとした。

 昨年の中間決算報告書によれば、同ホテル併設カジノのゲーミングテーブル数は77台で、内訳はマスが67台とVIPルームが10台。加えて、スロットマシンも設置している。

 目下、マカオでは娯楽場幸運博彩経営法律制度(通称「カジノ法」)の改正手続きが進められている。改正案では「カジノ施設はマカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する事業者が所有する不動産内に設置すること」と規定しており、現在マカオに存在するいわゆる「衛星カジノ」に関して、コンセッション事業者は施行後3年の猶予期間内に対処する必要が生じる。グランドエンペラーホテル併設カジノも衛星カジノに該当。今後、別の衛星カジノの動向も注目される。

中央の建物がグランドエンペラーホテル(資料)-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年4月23日発刊 (5月号 vol.107」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース