マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、建設中・設計段階のホテルは28軒、約6400室分…2022年2Q

産業・経済2022/08/18 13:56

 近年、マカオでは新興埋立地のコタイ地区及びマカオ半島の新口岸地区を中心に大型カジノIR(統合型リゾート)、ホテルを含む複合ビル等の建設ラッシュが続いている。コロナ禍でやや遅延は生じているものの状況に目立った変化はない。

 マカオ政府土地工務局は8月18日、今年第2四半期(2022年4〜6月)時点で建設中のホテルが12軒、設計段階(5年以上更新のないプロジェクト含まず)のものが16軒あり、供給客室数は前者が4737室分、後者が1723室分に上ることを明らかにした。今年第1四半期と前年同時期との供給客室数を比較すると、建設中のホテルで24.23%減と28.44%減、設計段階で5.43%減と7.71%増となった。(エリア別内訳は文末のデータ参照)

 マカオ政府統計調査局の資料によれば、今年6月末時点で営業中のホテル数は前年同時期から6軒増の121軒(新型コロナの影響で一時休業中及び隔離検疫用として利用中のホテルの客室分は含まず、以下同)、客室供給数は5.5%増の3.72万室となっている。

 目下、新型コロナ防疫対策の一環として水際措置が強化される中、一部ホテルが隔離検疫施設として利用されている。通常とは異なる状況のため、参考のための比較とするが、今年6月末の数字に建設中及び設計段階の数を加えると、将来的にホテル数が149軒、客室供給数が4.37万室で、前者が約23%増、後者が約17.5%増という規模となる。

 マカオのホテル開発をけん引するのがカジノIR運営会社だ。マカオ政府とカジノ運営コンセッションを締結するのは6陣営で、現行コンセッションの満期が2022年12月末に迫っている(※当初の6月26日から延長に)。政府がコンセッションを延長ではなく再入札とする方針を示し、これを跨ぐプロジェクトを計画しにくい状況にあり、設計段階のホテル数に影響した可能性もある。目下、次期コンセッションの入札が行われており、2023年1月から新体制となるため、それまでの間は過渡期となりそうだ。

 マカオは人口約68万人、面積約32平方キロという小さな街だが、世界遺産やカジノを核とした大型IR(統合型リゾート)に加え、マカオグランプリなどの国際イベントが数多く開催されるアジア有数の観光都市として知られ、2019年の年間インバウンド旅客数は過去最多の約3940万人、平均客室稼働率は90.8%に上った。

 しかしながら、コロナ禍に見舞われた2020年はインバウンド旅客数が対前年85.0%減の589万6848人(宿泊を伴う旅客の割合は47.9%)に急落し、ホテル客室稼働率も68.0pt下落の22.8%に。2021年についてはインバウンド旅客数が30.7%増の770万5943人、ホテル客室稼働率は前年から21.4pt上昇の50.0%まで回復したものの、2019年比では依然として大幅なマイナスとなっている。今年1〜6月累計のインバウンド旅客数は前年同時期から11.8%減の346万5107人、平均ホテル客室稼働率は12.8pt下落の37.6%。

 なお、マカオと中国本土との間については、条件付きではあるものの隔離検疫免除での往来が再開済み。中国本土以外の国・地域については、入境後に隔離検疫が必須となるほか、外国人の入境が原則禁止とされるなど、厳しい制限が存在する。目下、マカオにおけるインバウンド旅客は中国本土からが主となっている。このところマカオ域内及び中国本土の各地で比較的規模の大きな再流行が発生したことで、マカオのインバウンド旅客数にも影響が生じている。

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の夜景(資料)=2020年7月本紙撮影

【資料】
2022年第2四半期時点で建設または設計段階のホテルデータ(エリア別)
<マカオ半島>
・建設中:9軒 984室
・設計段階:13軒 881室
<タイパ島>
・建設中:1軒 126室
・設計段階:1軒 301室
<コタイ地区>
・建設中:2軒 3627室
・設計段階:1軒 84室
<コロアン島>
・建設中:なし
・設計段階:1軒 457室

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年9月27日発刊 (10月号 vol.112」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース