マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

香港マカオの市街地間結ぶ高速バス「港澳快線」が運行再開…隔離検疫免除での相互往来実現受け

珠江デルタ2022/12/23 12:51

 マカオでは、海外(香港、台湾を含む)からの入境者に対する隔離検疫措置が12月23日より撤廃された。

 香港とマカオの間で約3年ぶりに隔離検疫免除での相互往来が再開したことになる。

 港珠澳大橋経由で香港マカオの市街地間を結ぶ高速バス「港澳快線(HK-MO EXPRESS)」運営会社は12月23日、翌日(24日)から一部運行を再開すると発表。

 同社公式サイトに掲載された時刻表によれば、1日4往復からの再開となるようだ。香港側の発着場所は太子(プリンスエドワード)エリアにある停留所(1ヶ所のみ)、マカオ側はいずれもコタイ地区にある統合型リゾート(IR)のギャラクシーマカオ、ヴェネチアンマカオ、MGMコタイ(計3ヶ所)に。乗車券は公式サイトで事前予約購入できる。

 このほか、すでに港珠澳大橋の香港側とマカオ側のイミグレーション施設間を結ぶシャトルバス(通称:金巴/ゴールドバス)については、前回のマカオ側の水際措置緩和があった12月17日から増便となり、現時点で香港→マカオが1日10便、マカオ→香港が同9便の運行。

 以上は陸路で、海路の高速船については依然として運休が続いているが、再開の期待は持てそうだ。

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2023年1月24日発刊 (2月号 vol.116」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース