マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

13年マカオ政府財政黒字37%増

産業・経済2014/06/19 11:21

マカオ政府財政局は6月18日、昨年(2013年)の政府公共財政総合収支を発表。財政黒字は前年比36.9%増の1,245.6億パタカ(日本円換算:約1兆5,935億円)となった。

2013年の公共財政歳入は21.3%増の1,759億パタカ(約2兆2,497億円)で、直接税によるものが18.2%増の1,323億パタカ(約1兆6,921億円)。この直接税の大半をカジノ税の1,267億パタカ(1兆6,205億円)が占める。数ある歳入項目のうち「投資資産の売却」によりものが500%増の46.8億パタカ(約599億円)と伸びが目立った。

歳出は4.9%減の513.8億パタカ(約6,571億円)で、約4分の1にあたる133.5億パタカ(約1,707億円)を10.4%増となった人件費が占めた。また、投資は46%の大幅減となる77.1億パタカ(約986億円)。

財政黒字のうち、中央部門の残高が32.3%増の962.8億パタカ(約1兆2,314億円)、行政自治機関の残高が282.7億パタカ(約3,616億円)。行政自治機関とは郵政局、郵政儲金局(郵便貯金)、退休基金會(年金基金)、金融管理局、汽車及航海保障基金(自動車及び航海保障基金)、澳門基金會(マカオ財団)、存款保障基金(預金保障基金)の7部門を指す。

マカオ特別行政区の区章(資料)—本紙撮影

マカオ特別行政区の区章(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース