マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

現金詐取のカジノチップ仲介人に懲役12年―中国・珠海

珠江デルタ2014/10/23 08:15

マカオのカジノでゲーミングチップの仲介を行っていた女が、人民元と香港ドルの両替で優遇レートを適用すると客に持ち掛け、個人口座に振り込ませた200万人民元(日本円換算:約3,502万円)を詐取した事件について、中国広東省珠海市の香洲区裁判所が被告の女に対して懲役12年、罰金40万人民元(約701万円)の実刑判決を言い渡していたことが分かった。

10月22日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。被告は中国江西省出身の31歳の女。2007年からマカオのカジノへ出入りし、中国本土からマカオを訪れるギャンブラーに対してゲーミングチップの仲介を行っていたという。2013年3月8日、マカオのVIPカジノで知り合った中国本土安徽省出身の23歳の男性客に人民元と香港ドルを有利なレートで両替すると持ち掛け、珠海市南屏にある銀行の支店で自身の個人口座へ200万人民元を振り込ませた。その後、客が被告とマカオへ同行した際、被告がマカオ入境後すぐに行方をくらませたため、詐欺ではないかと思いマカオ警察に通報した。マカオ警察の調べで、被告は入境後すぐに折り返し中国本土に戻っていたことが分かり、客の男もやむなく本土へ戻って珠海拱北警察に通報したという。

カジノチップとバカラのゲーミングテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノチップとバカラのゲーミングテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年2月24日発刊 (3月号 vol.093」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース