マカオ政府衛生局にサイバー攻撃相次ぐ…新型コロナワクチン接種やPCR検査のネット予約などに影響

(2021/05/09 09:34 配信)

社会・政治

 マカオ政府衛生局の発表によれば、5月7日から8日にかけて複数回にわたって同局のコンピューターシステムがサイバー攻撃を受けたと発表。

 マカオでは、新型コロナ防疫対策に積極的にITを活用している。サイバー攻撃によって新型コロナワクチン接種とPCR検査のネット予約、健康コードの生成などのサイトへ接続できなくなるなどの影響が度々生じることとなった。市民への影響を最小化するため、通信会社が都度を講じて復旧に成功しているが、悪質な行為としてマカオ司法警察局が捜査を行っている。

 影響の生じたサービスのうち、健康コードは直近の滞在歴、新型コロナ患者との接触歴の有無、発熱や咳といった症状の有無、連絡先を入力して生成されるQRコードで、公共施設への入場や出入境時に提示が必要となるもので、市民の使用頻度は高い。サイバー攻撃によって健康コードを生成するための専用サイトにつながりにくい状況が生じたため、イミグレーション施設内に旅客が滞留する時間帯もあり、衛生局職員や治安警察局所属の警察官らが対応にあたった。

マカオ衛生局に対するサイバー攻撃により健康コードの生成に影響が生じたことを受け、イミグレーション施設内で対応にあたる警察官ら=2021年5月8日(写真:マカオ治安警察局)

社会・政治

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載