マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

急死のザハ・ハディド氏デザインのマカオの新カジノホテル、工事継続=2018年開業予定

産業・経済04/05 11:27

東京・新国立競技場の当初案をデザインしたことで日本でも知名度が高い女性建築家、ザハ・ハディド氏が3月31日に米国で急死したニュースは記憶に新しい。死因は心臓発作、65歳だった。

ザハ氏はイラク・バグダッド出身。1980年、英国・ロンドンに建築設計事務所、ザハ・ハディッド・アーキテクツを設立。その作風から建築界では「曲線の女王」などと称され、世界各地で数々の受賞経験を持つ。

実は、マカオにもザハ氏がデザインを手がけ、現在進行形で建設工事が行われている建物が存在する。コタイ地区にあるカジノIR(統合型リゾート)シティオブドリームズマカオの5番目のホテル棟だ。2014年3月に発表された計画概要によると、40階建て、総フロア面積15万平米、客室数780室、飲食、スパ、カジノ、イベント会場などを併設する5つ星ホテルで、開業予定は2018年とのこと。

ザハ・ハディド氏(左)とメルコクラウンエンターテイメントのローレンス・ホー共同会長兼CEO(右)=2014年3月(写真:Melco Crown Entertainment Limited)

ザハ・ハディド氏(左)とメルコクラウンエンターテイメントのローレンス・ホー共同会長兼CEO(右)=2014年3月(写真:Melco Crown Entertainment Limited)

ザハ氏の急死が同プロジェクトに与える影響が気がかりだ。

マカオの日刊英字経済紙マカオビジネスデイリーが4月3日付電子版で報じた記事によれば、シティオブドリームズマカオの運営会社、メルコクラウンエンターテイメントの広報担当者は同紙の取材に対し「我々はザハ氏の急死の報を受け深い悲しみに包まれるとともに、ザハ氏のご家族、ザハ・ハディッド・アーキテクツのスタッフに対して心からのお悔やみを申し上げます」とした上、「すでにデザインは完成しており、今後もザハ・ハディッド・アーキテクツをはじめ、その他のプロフェッショナル、ゼネコンなどと密に連携しながらザハ氏が遺した偉大な仕事を継続し、マカオのアイコン的存在となるような新ホテルを計画に沿って作り上げていく」とコメントしたとのこと。

ザハ・ハディド氏がデザインを手がけたマカオのIR、シティオブドリームズマカオの新ホテル棟完成予想イメージ(写真:Melco Crown Entertainment Limited)

ザハ・ハディド氏がデザインを手がけたマカオのIR、シティオブドリームズマカオの新ホテル棟完成予想イメージ(写真:Melco Crown Entertainment Limited)

関連コンテンツ

特集・コラム

MacauRailway

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

macaushimbun_jan2017_1

2016年12月26日発刊 (1月号 vol.043」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース