マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオカジノ大手MCE、16年通期増収増益=マカオとフィリピンの新IRが寄与

カジノ02/17 12:52

マカオのカジノ経営ライセンスを保有する6陣営の一角、メルコ・クラウン・エンターテインメント(以下、MCE)は2月14日、昨年通期(2016年1〜12月)の決算短信を発表。

純売上高は前年同期比13.7%増の45億1939.6万米ドル(約5123億円)、調整後EBITDAは16.7%増の10億8751.7万米ドル(約1233億円)、純利益は66.3%増の1億7590.6万米ドル(約199億円)で、主要3指標がいずれも前年を上回る結果となった。

MCEはマカオで「シティ・オブ・ドリームズ マカオ」、「アルティラ マカオ」、「スタジオ・シティ マカオ」の3つの大型IR(統合型リゾート)及びスロットマシン専門カジノチェーン「モカ・クラブ」、フィリピン・マニラで大型IR「シティ・オブ・ドリームズ マニラ」などを運営する。

同社では、昨年通期の増収要因として2015年第4四半期にオープンした「スタジオ・シティ マカオ」の存在と「シティ・オブ・ドリームズ マニラ」のカジノ売上増を挙げ、これらで「シティ・オブ・ドリームズ マカオ」及び「アルティラ マカオ」におけるカジノ売上のマイナス分を相殺したとした。

スタジオ・シティ(資料)=マカオ・コタイ地区-本紙撮影

スタジオ・シティ(資料)=マカオ・コタイ地区-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2017年 7月27日発刊 (8月号 vol.050」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース