マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオIR運営大手GEGが18年第1四半期業績発表…カジノ売上好調で売上高3割増=日本進出への取り組みも強化

カジノ2018/05/04 11:53

マカオのカジノ運営ライセンスを保有する6陣営の一角、ギャラクシーエンターテイメントグループ(GEG)は5月3日、今年第1四半期(2018年1〜3月期)の監査前業績を公表した。

同社発出のプレスリリースの内容によれば、今年第1四半期の売上高は前年同期から32%増、昨年第4四半期から3%のそれぞれ増となる185億香港ドル(日本円換算:約2568億円)、調整後EBITDAは同36%、4%増の43億香港ドル(約597億円)。調整後EBITDAは過去最高で、9四半期連続の対前年プラスとなった。

同社マネジメント層基準計算による今年第1四半期のカジノ売上は、前年同期から31%、昨年第4四半期から3%のそれぞれ増となる172億香港ドル(約2388億円)。部門別の内訳は、マスゲーミング(いわゆる平場)による売上が同7%、1%増の67億香港ドル(約930億円)、VIPルームが44%、4%増の99億香港ドル(約1374億円)、スロットマシンが14%、9%増の6億香港ドル(約83億円)。

GEGはマカオを本拠地とし、マカオ半島で「スターワールドマカオ」、コタイ地区で「ギャラクシーマカオ」、「ブロードウェイマカオ」の各カジノIR(統合型リゾート)、中小ホテルに併設するフランチャイズ形式のカジノ施設「シティクラブ」を運営している。

また、現在進行形の将来計画として、コタイ地区の旗艦施設ギャラクシーマカオの第3期、第4期拡張部(約4500室のハイエンド及びファミリー向けホテル、約1万6000席の多目的アリーナ、料飲・リテール施設、カジノ等で構成)の工事に着手。マカオ以外の潜在市場についても、日本におけるカジノIRプロジェクトへの参入に向けた取り組みで経験豊富なテッド・チャン氏をCOOに迎えてチームの強化を図ったほか、フィリピン・ボラカイ島におけるネイチャーリゾート開発プロジェクト、中国・珠海の横琴新区における低密度型複合リゾート開発プロジェクトを同時並行で積極推進しているとした。

GEGの旗艦IR施設「ギャラクシーマカオ」の俯瞰(資料)=マカオ・コタイ地区-本紙撮影

GEGの旗艦IR施設「ギャラクシーマカオ」の俯瞰(資料)=マカオ・コタイ地区-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年2月24日発刊 (3月号 vol.093」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース