マカオに大量の偽札持ち込んだ中国人の男2人逮捕=カジノで使う

今月(9月)12日から23日にかけて、マカオの8つのカジノ施設で額面1千香港ドル(日本円換算:約1万3千円)の偽札が30枚見つかった。

見つかった偽札はいずれもHSBC版2010年デザインの1千香港ドル紙幣を模したもので、発行日は「2012年1月1日」、番号は「CQ256474」で同一だった。また、透かしやホログラムなど偽造防止加工の一部に粗さが見受けられたものの、手触り、色合いとも本物に近い精巧なものであったという。

マカオ司法警察局は9月29日、容疑者として行方を追っていた中国・浙江省出身の男2人をコタイ地区にあるカジノ施設内で逮捕し、通貨偽造と偽造通貨行使の罪で送検したことを明らかにした。男らは14日にマカオを離れたことが確認されたが、29日未明にマカオを再訪したことから、追跡を行っていたという。

逮捕時、男らは6枚の偽札を所持しており、宿泊していたホテル客室内からさらに187枚が見つかった。今回新たに見つかった偽札については、より本物に近い改良版となっており、番号はいずれも「EY775364」だった。

男らは中国本土でパソコンのスキャン機能を使い偽札を作り、マカオのカジノに持ち込んでギャンブラーとの両替や自身の賭博のために使っていたことを認める供述をしたとのこと。持ち込んだ偽札の枚数については、毎回200枚だったとしている。

司法警察局では、インターポールと中国警察当局と連携し、中国本土の偽札印刷場所の特定、その他の関係者の有無などについて、捜査を進めていくとしている。

なお、男らの通貨偽造と偽造通貨行使の罪が確定した場合、2〜12年の懲役刑が科されることになるという。

香港及びマカオでは、およそ2年前に2003年版の中国銀行、HSBCが発行した1千香港ドル紙幣の精巧な偽札が少なくとも200枚見つかる事件があった。この際、カジノ、一般商店、銀行でも偽札が見つかったことを受け、市街の商店を中心に1千香港ドル紙幣の受け取りを拒否する動きが広がった。

マカオの法定通貨はマカオパタカだが、市場では一般的に香港ドルがほぼ等価で流通している。特に、カジノや不動産取引の現場などで香港ドルを使うのが一般的とあり、事実上のマカオにおける主要流通通貨のひとつとして取り扱われている。

警察が押収した偽1000香港ドル札=9月29日、マカオ・コタイ地区(写真:マカオ司法警察局)

警察が押収した偽1000香港ドル札=9月29日、マカオ・コタイ地区(写真:マカオ司法警察局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府労工事務局(DSAL)は7月13日午後、同日正午頃、マカオ半島皇朝エリアにあるビルで労…
  2.  マカオ司法警察局は7月12日、青年の男性客へ賭博用途のカネを高利で貸し付けた上、返済不能に陥った…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は7月12日、今年第2四半期(2024年4〜6月)の観光物価指数が前年…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  きょう(7月12日)、マカオ半島歴史市街地区の世界遺産・セナド広場前にあるリッツビルにマカオの観…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun