マカオ、17年第1四半期の総ギャンブル売上約8664億円…前年から1割超の増加=カジノVIPルーム復調で

マカオ経済の屋台骨として知られるのが、カジノを中心としたゲーミング(ギャンブル)産業だ。マカオにはカジノ以外にも、競馬、ドッグレース、スポーツくじ、ロトなどのギャンブルが存在する。

このほど、マカオ政府のカジノ監理部門にあたるDICJが今年(2017年)第1四半期のゲーミング(ギャンブル)市場に関する統計を発表した。

今年第1四半期のカジノ売上は前年の同じ時期から13%、昨年第4四半期から5%のそれぞれ増となる634.79億パタカ(日本円換算:約8637億円)。このうち、VIPルームの売上を反映するVIPバカラ売上が同16.8%、6.4%のそれぞれ増となる354.91億パタカ(約4829億円)で、カジノ売上全体の55.9%を占めた。

カジノ以外のギャンブルの売上については、ドッグレースが前年の同じ時期から58.3%減の1000万パタカ(約1.36億円)、競馬が13.9%減の3100万パタカ(約4.22億円)、中国式ロトが横ばいの200万パタカ(約0.27億円)、サッカーくじが14.3%減の1億0200万パタカ(約13.88億円)、バスケットボールくじが81.3%増の5800万パタカ(約7.89億円)など。

総ギャンブル売上はカジノVIPルーム売上が牽引するかたちで、前年の同じ時期から12.9%増の636.82億パタカ(約8664億円)に達した。

今年第1四半期のマカオのカジノ施設のゲーミングテーブル数は前年の同じ時期から336台増の6423台、スロットマシン数は1721台増の1万6018台。増加要因として、昨年第3四半期以降、ウィンパレス、パリジャンマカオの大型カジノIR(統合型リゾート)、今年第1四半期にはレジェンドパレスカジノがそれぞれ新規オープンしたことに加え、既存カジノへの追加のテーブル割り当てがあったことなどが挙げられる。

マカオの月次カジノ売上は2016年7月まで26ヶ月間に渡って前年割れが続いただったが、以降、今年3月まで8ヶ月連続で対前年プラスを維持している。

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  このほどマカオの公立総合大学にあたるマカオ大学(澳門大學)は、マカオのヘルスケア産業の発展に寄与…
  2.  マカオ政府統計調査局(DSEC)は2月23日、今年(2024年)1月の訪マカオ外客数(インバウン…
  3.  マカオ政府統計調査局が2月23日に公表した資料によれば、今年(2024年)1月の総合消費者物価指…
  4.  マカオ治安警察局は2月23日、マカオのタクシー車内で拾ったスマホを届け出せずに着服、転売したとし…
  5.  マカオ政府教育・青年発展局(DSEDJ)は2月23日、同日アメリカの元プロバスケットボール選手で…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun