マカオの公共路線バス約10年ぶり運賃値上げ検討…ゾーン制から均一運賃に

マカオ政府交通事務局は9月29日、同日開催された政府交通諮問会議に公共路線バス運賃について、現在のゾーン制から均一運賃に変更した上で値上げする改定案を提出した。時期については各方面の意見を聞いた上で決まる方針とのことだが、運賃値上げとなれば、およそ10年ぶりのこととなる。

現行のゾーン制運賃(一般料金)は、現金支払いの場合で2.8〜6.4パタカ(日本円換算:約39〜89円)、交通系ICカードのマカオパスを使った支払いの場合で2.0〜3.0パタカ(約28〜42円)。新しい均一料金案では、現金で6.0パタカ(約84円)となるほか、マカオパスではマカオ市民(マカオ居留権保有者)と非市民、普通バスと快速バスでそれぞれ料金を分け、普通バスの市民が3.0パタカ(約42円)、非市民が4.0パタカ(約56円)、快速バスの市民が4.0パタカ(約56円)、非市民が5.0パタカ(約70円)にするとした。現金支払いで3ゾーンを跨ぐバスを利用する場合を除いて全面的な値上げとなる。

マカオ政府交通事務局では、今回の運賃値上げについて、バス会社の経営状況の改善と政府によるバス会社支援金の軽減などを考慮してのものと説明。マカオ政府によるバス会社への支援金は2011年以降の累計で45億パタカ(約629億円)に上るという。目下、毎月の支援金は7900万パタカ(約11億円)といい、運賃値上げによって1300〜1500万パタカ(約1.8億〜2.1億円)の減少が見込まれるとのこと。政府として、この減少分を新型バス導入への支援に振り分け、乗車環境が改善させたい意向もあるとした。

なお、マカオの公共路線バスの1日あたり平均利用者数は2011年の32万人から、2017年には58万人まで増えたという。

公共路線バス運賃値上げ案が提出された交通諮問会議=2017年9月29日(写真:GCS)

公共路線バス運賃値上げ案が提出された交通諮問会議=2017年9月29日(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は2月22日、澳門海關(マカオ税関)と合同で同月21日未明に密航事案1件を摘発し…
  2.  マカオ司法警察局は2月22日、統合型リゾート(IR)が集積するコタイ地区のホテル及び周辺一帯で2…
  3.  マカオ警察総局は2月22日、旧正月の春節前後にあたる1月22日から2月18日にかけて同局の指揮及…
  4.  マカオ政府統計調査局は2月22日、昨年第4四半期(2023年10〜12月)及び通期の旅客消費調査…
  5.  マカオ治安警察局は2月21日、コタイ地区にある統合型リゾート(IR)併設ホテルの客室で中国人(中…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2023年)1月1日から実施してい…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年2月号
(vol.128)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun