マカオ、複数通貨カード普及拡大でクレカ発行枚数増加続く…決済及び返済総額も増=18年第4四半期

マカオ政府金融管理局は2月8日、昨年第4四半期(2018年10〜12月期)のクレジットカード統計を発表。マカオにおける個人向けクレジットカード発行枚数は増加を維持し、決済総額及び返済総額についても前年の同じ時期からプラスだった。

昨年第4四半期末時点におけるマカオの認可機構が直接または間接的に発行した個人向けクレジットカードの総数は131万1606枚となり、昨年第3四半期末から2.3%、前年の同じ時期から10.5%のそれぞれ増。増加要因として、ダブルカレンシー(2通貨)及びトリプルカレンシー(3通貨)カードの普及拡大が挙げられる。決済通貨別ではマカオパタカカードが前年の同じ時期から9.8%増の92万3128枚、香港ドルカードが6.2%増の9万3950枚、人民元カードが14.3%増の29万4528枚。

昨年第4四半期末時点でのマカオの認可機構が発行するクレジットカードの与信総額は昨年9月末から7.8%、前年12月末から22.7%のぞれぞれ増となる350億マカオパタカ(日本円換算:約4759億円)に達した。カード債券総額は28億マカオパタカ(約381億円)あり、このうち支払い先送り分が未収債券の28.2%にあたる8億マカオパタカ(約109億円)。支払い予定日から3ヶ月以上の未収金比率は昨年9月末から0.17ポイント下落の1.32%。

昨年第4四半期のマカオ発行クレジットカードの決済総額は昨年第3四半期から8.6%、前年の同じ時期から8.5%のそれぞれ増となる61億マカオパタカ(約829億円)。このうち、キャッシングが2.4億マカオパタカ(約33億円)で、決済総額の4.0%を占めた。このほか、利息及び手数料を含む返済総額は昨年第3四半期から2.6%、前年の同じ時期から10.3%のそれぞれ増となる58億マカオパタカ(約789億円)だった。

なお、マカオの人口は約66万人。

マカオ金融管理局ビル(資料)―本紙撮影

マカオ金融管理局ビル(資料)―本紙撮影

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は12月1日、マカオ側で中国本土からの密航者4人の送迎を担当したとして、香港人の…
  2.  マカオ司法警察局は12月1日、不法麻酔・向精神薬販売罪でモロッコ人の女(32)=自称食品販売員=…
  3.  マカオ初となる本格的な軌道系大量輸送機関として、2019年12月にマカオLRT(Light Ra…
  4.  在香港日本国総領事館(管轄地域:香港及びマカオ)は12月1日午後、現地在留邦人向けの一斉メール配…
  5.  マカオ治安警察局は12月1日、マカオ検察院所属のバイクを壊したとして50代のロシア人の男を加重器…

ピックアップ記事

  1.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典「マカオグランプリ」。1954年にスタートした歴…
  4.  マカオ航空日本支社の発表によれば、現在成田路線を週4便(火・木・土・日曜)で運航しているが、今年…
  5.  マカオでは、2019年12月に初の軌道系大量輸送機関として新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年12月号
(vol.126)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun