マカオの大型IR「MGMコタイ」がギネス記録達成…世界最大のフリースパングリッドシェル構造のガラス張り屋根

2018年2月にマカオ・コタイ地区にオープンした大型カジノIR「MGMコタイ」の運営企業は4月17日、同施設の中央にある「スペクタクル」と呼ばれる広場の屋根の部分について、今年(2019年)1月19日に「世界最大のフリースパングリッドシェルのガラス張り屋根(自立型)」のギネス世界記録を達成したと発表した。

同社によれば、建築、構造分野のギネス世界記録はマカオで初めてとのこと。

この屋根は、高さ37メートル、面積はテニスコート30面分に相当する8073.1平方メートル。自由成形の三角鉄鋼グリッドシェルで覆われ、グリッドシェルはその外周によってのみ支えられており、建設費用は3700万米ドル(日本円換算:約41億円)超という。

同社は国際エンジニアリング・コンサルティング会社のアラップと組むコーン・ペダーソン・フォックス・アソシエイツにチャレンジを依頼し、構造的コンセプトと幾何学形状を着想。香港のシウ・イン・ワイ・アソシエイツが設計を担当した。

綿密に設計されたスチール製のダイアグリッド(斜め格子)構造は、内部の柱に支えられることなく、長辺最大138.5メートルの広場上方に展開。4365本の梁と1531本の連節点で構成される屋根構造の総重量は自動車約1000台に相当する約2000トンにも上る。

この屋根によって、スペクタクル広場の容積を最大化し、流線による空間感覚の拡大が図られた。エキジビション用の吊り下げ用ポイントも設置されるなど、柔軟性も高いものとなっている。

ギネス世界記録を達成したMGMコタイ中央にあるスペクタクル広場の屋根部分(写真:MGM)

ギネス世界記録を達成したMGMコタイ中央にあるスペクタクル広場の屋根部分(写真:MGM)

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は12月1日、マカオ側で中国本土からの密航者4人の送迎を担当したとして、香港人の…
  2.  マカオ司法警察局は12月1日、不法麻酔・向精神薬販売罪でモロッコ人の女(32)=自称食品販売員=…
  3.  マカオ初となる本格的な軌道系大量輸送機関として、2019年12月にマカオLRT(Light Ra…
  4.  在香港日本国総領事館(管轄地域:香港及びマカオ)は12月1日午後、現地在留邦人向けの一斉メール配…
  5.  マカオ治安警察局は12月1日、マカオ検察院所属のバイクを壊したとして50代のロシア人の男を加重器…

ピックアップ記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  マカオでは、2019年12月に初の軌道系大量輸送機関として新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌…
  3.  マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典「マカオグランプリ」。1954年にスタートした歴…
  4.  マカオ航空日本支社の発表によれば、現在成田路線を週4便(火・木・土・日曜)で運航しているが、今年…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年12月号
(vol.126)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun