マカオの人気ポルトガル料理店「アントニオ」が夏季限定でクッキング教室開催…1回2時間で観光客でも参加しやすく

マカオで最も有名なポルトガル料理店のひとつとして知られる「アントニオ」。タイパ島の観光名所、タイパヴィレッジにある伝統的なポルトガルスタイルのタウンハウスを一棟丸ごとリノベーションした一軒家レストランで、オーセンティックなポルトガル・マカオ料理の数々を提供する。

アントニオを率いるのは、数々の受賞歴を持つエグゼクティブシェフのアントニオ・コエーリョ氏。ゲストの目の前で華麗な料理テクニックを披露するほか、店内をめぐってゲストとコミュニケーションしたり、写真撮影にも気軽に応じるなど、サービス旺盛かつ気さくな人柄でも知られ、ファンも多い。

同店を運営するタイパヴィレッジデスティネーション社によれば、今年(2019年)7月から8月の毎週火曜、水曜日にかけて、アントニオレストランでアントニオ氏が講師を務めるクッキング教室を開催するとのこと。課題メニューは火曜日が「バカリャウ・ア・ブラス」(タラを使ったポルトガルの定番家庭料理)、水曜日が「ガンバス・アオ・アリーニョ」(エビのガーリックグリル)で、いずれも同氏のシグネチャーディッシュという。

レストラン「アントニオ」のエグゼクティブシェフ、アントニオ・コエーリョ氏(写真:Taipa Village Destination Limited)

レストラン「アントニオ」のエグゼクティブシェフ、アントニオ・コエーリョ氏(写真:Taipa Village Destination Limited)

アントニオ氏はクッキング教室開催にあたり、「私のクッキングに対する情熱と愛情、そしてシェフとしての知見と経験を参加者と共有できることに喜びを感じており、楽しい時間を過ごせることを期待しています」とコメント。

クッキング教室の開催時間は2時間(午後3時から5時)で、1回で完結する内容となっていることから、観光客でも参加しやすいといえる。料金は1回1人あたり500マカオパタカ(日本円換算:約6700円)で、使用言語は英語、年齢制限は満18歳以上とのこと。1回あたりの参加者は最大5人という。申し込みはマカオのチケット会社「Macau Ticket(マカオチケット)」のウェブサイト等を通じて6月7日から8月26日まで受け付ける。

タイパヴィレッジデスティネーション社では、同様のクッキング教室をタイパヴレッジのコンテンポラリーイタリアンレストラン「ベラ・タイパ」でも7月から8月の毎週水曜、木曜日にかけて開催するという。

タイパヴィレッジは土産物店や飲食店が多く集まる古くからの人気観光地として知られ、平日でも多くの観光客で賑わうエリアとなっている。ポルトガル統治時代に建てられた南欧風の町並みが多く残り、エキゾチックかつレトロな雰囲気を感じることができる。大型カジノIR(統合型リゾート)集積地区のコタイ地区に近く、近年になって次々と新たなショップやレストランがオープンするなど、活性化も進んでいる。

レストラン「アントニオ」クッキング教室の課題メニューのひとつとなる「バカリャウ・ア・ブラス」写真:Taipa Village Destination Limited)

レストラン「アントニオ」クッキング教室の課題メニューのひとつとなる「バカリャウ・ア・ブラス」写真:Taipa Village Destination Limited)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は6月15日、近日大型サッカーイベントが開幕することを受け(註:時期的に欧州選手…
  2.  澳門海關(マカオ税関)は6月15日、各イミグレーション施設で検査体制の強化を図り、違法な運搬活動…
  3.  独特の食文化を有する マカオは2017年に「ユネスコ食文化創造都市」に認定された。以降、マカオ政…
  4.  香港国際空港を拠点とするキャセイパシフィック航空は6月15日、翌月(7月)1日以降の 香港発券分…
  5.  マカオ治安警察局は6月15日、同月11日にマカオ半島のロドリゴ・ロドリゲス通りにあるビルで無認可…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun