マカオグランプリ博物館が入館料を有料化へ…現在大規模改装中、2020年第1四半期再オープン見込み

 1954年にスタートした歴史あるモータースポーツの祭典、マカオグランプリ(以下、マカオGP)。1983年からフォーミュラ3(F3)グランプリが設けられ、アイルトン・セナ、ミヒャエル・シューマッハ、佐藤琢磨らが優勝を経てF1にステップアップするなど、若手レーシングドライバーの登竜門的存在として注目を集める。

 マカオグランプリは毎年11月中旬、市街地の一般道路を使った全長6.2kmのサーキット「ギアサーキット」で開催される。今年の第66回大会が今週木曜日から日曜日にかけて(14〜17日)開催予定となっており、マカオの街はグランプリムードで盛り上がっている。

 マカオグランプリ開催期間中以外にもマカオグランプリに触れることができる場所として、マカオグランプリ博物館の存在が挙げられる。マカオグランプリ開催40周年を記念して1994年にサーキット近くのマカオフォーラム内にオープン。有名ドライバーらが実際に使ったレーシングカーなど数々の貴重なコレクションを展示していたが、大規模リノベーションのため、2016年6月末から休館が続いている。

 かつてのマカオグランプリ博物館は入館料が無料だったが、再オープンにあたって有料化を予定していることがわかった。11月11日付のマカオ政府公報にマカオグランプリ博物館が将来的に入場料を徴収するとした行政長官令が掲載された。金額については、一般(12歳以上65歳以下)料金が80マカオパタカ(日本円換算:約1080円)で、マカオ居民(マカオ居留権保有者)や子供、高齢者、団体などには割引料金(一部もしくは全額)が適用される。また、ホリデーシーズンには特別プロモーションを提供でき、実際の状況に応じて入場料は適宜調整することも可能としている。入場料収入については、マカオ特別行政区の旅遊基金に積み立てられるとのこと。

 気になるマカオグランプリ博物館の再オープン時期について、同館を管轄するマカオ政府旅遊局では、2020年第1四半期の見込みとしている。新施設は同フロアあったワイン博物館の移転に伴い展示面積を拡大した上、新たな展示車両、3D効果や4Dレーシング体験といったインタラクティブ要素などが追加されるという。

旧マカオグランプリ博物館の展示イメージ(資料)-本紙撮影

旧マカオグランプリ博物館の展示イメージ(資料)-本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオで複数のカジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナ社は4月18日、今年(2024…
  2.  マカオ政府衛生局(SSM)は4月17日夜、マカオで今年(2024年)4人目となる在郷軍人病(退役…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  4.  このほどマカオのゲーミング規制当局(博彩監察協調局=DICJ)が公表した今年第1四半期(2024…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun