マカオカジノ監理部門DICJ新副局長に廖氏が就任…正副局長いずれも警察畑に

 マカオ政府のカジノ監理部門、博彩監察協調局(DICJ)の新副局長として、2月3日付で廖志聰(リオ・チーチョン)氏が就任。任期は1年間。

 同氏は1999年に刑事捜査員としてマカオ司法警察局に入職。その後、政府エネルギー業発展弁公室、個人情報保護弁公室を経て昨年(2020年)8月からDICJ入りしていた。電子電気工学の学士号と法学の学士及び修士号を持つ。

 DICJの何浩瀚(アドリアーノ・ホー)局長は副局長就任式において、廖氏は法律分野に明るいことに加え、刑事捜査員としてゲーミング(カジノ)関連施設の監察や応用科学技術領域における業務経験も豊富であり、DICJのリーダーにふさわしい人材であると評した。

 マカオでは、現行のカジノ経営権契約が2022年6月に満期を迎える。目下、政府が再入札やゲーミング関連法改正の準備を進めているとされる。

 DICJを率いる正副局長は1人ずつという体制。2020年6月に就任した何局長も司法警察局の刑事捜査員出身で、それまで一貫して保安部門に籍を置いていた。

DICJ新副局長就任式。右が廖志聰氏=2020年2月3日(写真:DICJ)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は6月20日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  2.  マカオ治安警察局は6月19日、マカオ半島中区の路上のエンリケ航海王子大通りでパトロール中、路上で…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  4.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  5.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun