マカオ行政長官、香港との隔離検疫免除での往来再開に慎重姿勢示す…市中感染確認14日連続ゼロが条件を再度強調

 新型コロナウイルス感染症の世界的流行が長期化する中、マカオでは厳格な水際措置と域内における各種防疫措置が奏功し、約400日間にわたって市中感染確認ゼロを維持している。

 同じく状況が落ち着いている中国本土との間では、昨年(2020年)7月中旬から往来制限の緩和が進み、現在では新型コロナウイルスPCR検査陰性証明の提示など一定の条件を満たせば隔離検疫なしでの往来が可能となっている。

 マカオにとって、中国本土に次ぐインバウンド旅客ソースとなっているのが香港だ。目下、香港との往来にあたっては、マカオ入境後に政府指定場所(検疫用ホテル)における14日間の隔離検疫を受ける必要がある。

 近日、香港メディアが4月中旬に海南省ボアオで開催されたボアオ・アジアフォーラムの2021年年次総会会場において香港特別行政区の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官とマカオ特別行政区の賀一誠(ホー・ヤッシン)行政長官が香港とマカオの間の往来について相互に隔離検疫を免除する「トラベルバブル」について協議したと相次いで報じた。香港では、昨年11月からの流行第4波が現在も続き、近日では市中で変異株ウイルス感染者が相次いで確認されている状況で、マカオでは報道を受けて懸念が広がっている。

 賀氏は4月30日に囲み取材に応じた際、ボアオ・アジアフォーラムの会場で林鄭氏とトラベルバブルについて話をしたのは確かたが、あくまで可能性を探っている段階であると述べた。加えて、香港における市中感染確認が14日間連続ゼロとなることがこの件に関して正式協議に入る前提条件であるとする従来方針に変わりはないとし、香港における状況の変化を見守る必要があるとした。

 なお、中国本土との往来については、ワクチン接種を条件にPCR検査陰性証明提示の相互免除の可否について、中国中央政府からの回答を待っている状況とのこと。これが実現すれば、中国本土からのインバウンド旅客数増につながると予想され、観光業界をはじめ、マカオ経済に大きなメリットがあると期待感を示した。

囲み取材に応じるマカオ特別行政区の賀一誠行政長官=2021年4月30日(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月24日、今年(2024年)1〜4月のツーリズム市場に関するレビ…
  2.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は5月24日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  3.  マカオの統合型リゾート(IR)ウィンパレス運営会社は5月24日、6月7・8・14・15日に同IR…
  4.  マカオ政府公共建設局(DSOP)は5月24日、マカオLRT(新交通システム)の建設中新線「石排灣…
  5.  澳門海關(マカオ税関)では、違法な運搬活動(いわゆる運び屋行為)に対する取り締まりを継続する中、…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun