マカオ、カジノディーラーが客に扮した仲間と組み不正繰り返す…被害額は半月で約3千万円

 マカオ司法警察局は6月16日、不正行為によりカジノ運営企業に多額の損失を与えたとして、コタイ地区にあるIR(統合型リゾート)併設のカジノに勤務するマカオ人のカジノディーラー職の女(36)と中国本土出身のいずれも無職の女3人(32〜44)の計4人を業務上横領罪などの罪で逮捕、検察院送致したと発表。

 被疑者らは逃亡中の女1人を含む5人で犯罪グループを形成しており、目下、首謀者及び逃亡中の女1人の行方を追っているとした。

 警察発表によれば、6月9日にカジノ運営会社側から不正行為に関する通報が寄せられたという。内容は「5月28日に監視部門のスタッフが1人のディーラーが当初の勤務終了予定時間より早く持ち場を離れたことを不審に思い行動を追跡したところ、カジノ施設付近の路上で2人のギャンブラーと接触していたことが判明。これを疑わしい行動とみて、より詳しい調査を進める中で、このディーラーが5月28日から6月2日までの勤務中、担当するテーブルに客とスタッフが不在のタイミングに誰もベットしていない状況にも関わらずゲームをスタートし、ゲーム結果が判明した時点で仲間と見られる女が配当の出る位置にチップを置き、1回あたり6〜15万香港ドル(日本円換算:約82〜206万円)の配当を出していたことが確認された」というもの。

 カジノ運営会社からの通報を受け、警察が捜査に着手し、まもなく被疑者らの身元を特定。客に扮した女のうち3人が6月2日に中国本土へ逃亡したが、14日までに2人が再度マカオ入りし、マカオにいた仲間1人と合流したことがわかったという。14日午後11時頃、ディーラー職の女と客人扮した女3人が同様の手口で不正行為を行った際、張り込み中だった警察官が現場へ踏み込み、4人を現行犯逮捕したとのこと。

 このグループは5月28日から6月14日にかけて計18回にわたって犯行を重ねており、カジノ運営会社の初歩計算による損失額は218万香港ドル(約2988万円)に上るという。

 なお、ディーラー職の女と客に扮した仲間の女のうち2人は警察の調べに対して黙秘しているが、1人が逃亡中に主犯格の人物に指示されたもので、、5月中旬に広東省珠海市で犯行手順、各人の役割分担、取り分に関する会議があったなどと供述しているとのこと。警察がディーラー職の女の自宅を捜索したところ、犯罪を通じて得たとみられる6万香港ドル(約82万円)の現金が見つかったという。このディーラーは勤続1年余りだったという。

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府労工事務局(DSAL)は7月13日午後、同日正午頃、マカオ半島皇朝エリアにあるビルで労…
  2.  マカオ司法警察局は7月12日、青年の男性客へ賭博用途のカネを高利で貸し付けた上、返済不能に陥った…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は7月12日、今年第2四半期(2024年4〜6月)の観光物価指数が前年…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  きょう(7月12日)、マカオ半島歴史市街地区の世界遺産・セナド広場前にあるリッツビルにマカオの観…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun