香港、新型コロナ市中感染確認39日連続ゼロ…輸入性はインドから到着の1人のみ=11/16

 人口約740万人の香港では、昨年(2020年)11月下旬から新型コロナウイルス感染症の流行「第4波」が続いていたが、5月にかけてようやく状況が落ち着き、5月末に終息した。

 6月以降は、上旬に1家族の女性3人の市中感染例、24日と27日にかけて空港での業務に従事する男性1人とその密接接触者の1人、7月2日に検疫用ホテルの清掃作業員の女性1人、11日に空港での業務に従事する男性1人の輸入関連性感染確認例(いずれも当初市中感染例からの変更)、8月5日には建設作業員(感染経路不明、これまで感染確認に至らなかった無症状感染者の再陽性事例)、8月17日に空港ラウンジ職員(感染経路不明、L452R変異株)、10月8日に空港カーゴ部門従事者(感染経路不明、L452R変異株)の市中感染確認があったが、市中における連鎖的な伝播は出現していない。

 香港衛生当局の発表によれば、11月16日午前0時時点集計の単日の新規感染確認数は1人で、輸入性(海外からの入境者)とのこと。市中感染確認例に限ると39日連続ゼロを維持した。

 輸入性の患者は11月14日にインドからエアインディアAI1314便で香港へ到着した女性(21)。到着後すぐに空港内で受けた検査で陽性となり、感染確認に至ったもの。インドで新型コロナワクチンを2回接種済みで、L452R変異株感染だった。

 このほか、近日ドイツ・フランクフルトから到着したキャセイパシフィック航空の貨物機クルーが相次ぎ感染確認(L452R変異株)されたケースについて、ウイルスゲノム解析の結果、ゲノム配列が一致していたことが判明し、3人が現地で同一ホテルに滞在していたことから、その間に感染した可能性が極めて高いとした。11月1日以降に当該ホテルに宿泊歴のある別のクルーについても、すでにチェックアウト後21日間を指定隔離検疫施設での強制検疫を必須とする措置が講じられている。

 また、香港国際空港に近いランタオ島の東涌地区にある隔離検疫用の指定ホテルの同一階でウイルスゲノム配列が同じデルタ変異株(AY4.2亜型)の感染者が2人確認されたケースに関して、2人が滞在していた客室と同フロアの共用部から採取した73点の環境サンプルを分析した結果、2人が滞在していた客室の13点から陽性反応が検出されたという。11月1日から6日にかけて当該ホテルの同じウイングに滞在していた44人が検疫センターで強制検疫を受けることになったとのこと。

 香港における過去14日間(11月2〜15日)累計の新規感染確認は40人で、すべて輸入性事案。ここまでの累計感染確認数は1万2389人(擬似事案1人含む)。

 香港の11月15日午後8時時点のワクチン接種率は69.5%(1回目の接種完了)、66.5%(2回目の接種完了)となっている。累計接種回数は920万6647回、1日あたり接種回数は1万4945回(7日移動平均値1万4416回)。香港ではワクチンが充足している状況で、政府は9月末までに免疫の壁を構築するのに必要とする目標の接種率7割(1回目接種完了)を突破できるとする見通し示していたが、9月以降は接種回数の低迷が顕著で、11月に入って以降も未達が続く。なお、11月11日から3回目の接種(ブースター接種)がスタートし、上述の接種回数には3回目も含んだものとなっている。3回目の1日あたり接種回数は7095回、累計では4万9931回に。

 香港衛生当局では、近日の輸入性感染確認例のうち、ワクチン接種を完了している患者も少なくないとし、不要不急の外遊(特に高リスク地域)及び外地における不必要な大型集会やイベントへの参加を控えるとともに、外地滞在中はマスクの着用し続け、個人・環境衛生管理に努めるよう呼びかけている。

香港の町並み(資料)—本紙撮影

香港の町並み(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  香港とマカオの間では、従来から両地の通関施設において双方の永久性居民身分証(永住権保有者用IDカ…
  2.  マカオ国際空港運営会社にあたるCAMは7月19日、同日午前4時35分(現地時間、以下同)に離陸中…
  3.  マカオ・コタイ地区の統合型リゾート(IR)シティ・オブ・ドリームズに併設する高級ホテル、グランド…
  4.  マカオ司法警察局は7月17日、海外からマカオへ国際クーリエを使って乾燥大麻を密輸したなどとしてマ…
  5.  マカオ治安警察局は7月18日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun