マカオ当局、オミクロンBA.5の流行「ほぼ封じ込め」…実効再生産数0.55に、厳格な防疫措置の一部緩和見通しも

 人口約68万人のマカオでは、約8ヶ月にわたって新型コロナの市中感染確認例ゼロを維持していたが、6月18日深夜以降、ここまで約1ヶ月にわたって陽性者の出現が続いている。(以下、「6・18アウトブレイク」と表記)

 6・18アウトブレイクは、感染力が非常に強いオミクロン変異株派生型の「BA.5.1」が市中へ流入し(感染源不明)、伝播が拡大したものとされ、1平方キロメートルあたりの人口密度が2万人超と極めて高いマカオにとっては大きな脅威だ。政府は高頻度の全市民対象PCR検査や”社会相対静止”といった厳格な防疫措置を講じ、ゼロコロナ目標の達成を目指している。

 マカオ政府新型コロナウイルス感染症対策センターは7月18日午後5時から定例会見を開き、6・18アウトブレイクに関する最新情報を発表した。

 7月18日午前0時までの直近24時間にPCR検査を経て陽性が確定した人の数(市中感染事例に限る)は22人で、2日連続ピーク(7月9日の149人)後の最少を更新。7月12日以降は30人前後で推移してきた。

 22人のうち隔離対象(局地ロックダウン対象ゾーン内及び隔離検疫ホテル)から発見に至ったのが14人、一般市中からが8人(濃厚接触者4人、全市民PCR検査及び重点検査対象2人、その他2人)とのこと。ただし、10日連続で隔離対象から発見に至ったケースが過半数を占め、一般市中からの陽性者数は2日連続で1桁となったものの、前日からは倍増だった。

 6月18日以降の累計陽性者は1755人に。内訳は女性911人、男性が844人、年齢3ヶ月〜100歳、症状あり(感染確認)が陽性者全体の38.2%にあたる670人、無症状が同61.8%の1085人。

 18日午後3時までに疫学調査の対象(隔離)とされた人の数は2万1626人に上った。内訳は陽性者1755人のほか、濃厚接触者が3473人、非核心濃厚接触者(陽性者と居合わせた)が1万1571人、二次濃厚接触者が1280人、一般接触者が254人、付き添い人が777人。

 マカオでは6月19日以降、全市民を対象とした義務的なPCR検査及び迅速抗原検査、さらには一部重点区域、重点人群に対象を絞った追加のPCR検査によるスクリーニングが高頻度で実施されている。7月10〜23日にかけては高頻度の全市民PCR検査が実施されており(2日毎受検、6月19日以降で7〜13回目)、期間中は毎日の迅速抗原検査のセルフ実施も求められる。現在、11回目の検査が実施中(18日午前8時〜19日午後7時)で、18日午後3時までに18万8900人が受検、うち3万0248人の結果が陰性と判明し、陽性反応が検出された混合検体(10人分で1本)はゼロだった。2週前の第4回以降、回を重ねるごとに混合検体の陽性反応検出数は減少傾向にある。具体的には第4回が94本、第5回が41本、第6回が23本、第7回が17本、第8回が13本、第9回が9本、第10回が5本。

 目下、陽性者が出現した場所(ビル及び店舗単位)に対する局地ロックダウンや各種人流抑制策などが講じられているが、追加の特別措置として7月11日午前0時から”社会相対静止”状態に入った。期間中、社会運営及び市民の生活維持に必要とされる(インフラ、燃料、食料、薬局など)以外の企業・事業場所の運営は停止が求められる。カジノも閉鎖に。また、ステイホームを基本とし、外出は全市民PCR検査受検や業務上必要な場合、生活物資の購入、緊急要件に限るとされ、成人はKN95規格以上のマスクを着用することが求められる。本措置は当初7日間とされたが、5日間延長となり、23日午前0時までの実施に。

 当局は、7月14日のデータ分析で、目下のマカオにおける実効再生産数(Rt値)がおよそ0.55(0.5〜0.61の間)となり、1を下回る理想的な数字であり、流行は「ほぼ封じ込め状態」にあることを示しているとした。また、ゼロコロナを目指すステージにある今週の新規感染例を低水準に抑え込めれば、次週にも新たなステージに入り、活動減とPCR検査によるスクリーニング実施によって、防疫措置の段階的な緩和が可能との見通しを示したが、一旦リバウンドが出現した場合には再調整を要するとした。

 このほか、先に隔離検疫ホテル(濃厚接触者を収容するコタイ地区の「ザ・パリジャン・マカオ」)内で発生したクラスターについて、新たな感染者が相次ぎ出現し、本件の累計感染者数が52人(スタッフ35人、宿泊者17人)に上ったことも明らかにされた。

局地ロックダウンの対象となっているマカオ半島北部の集合住宅「新美安大廈二期」では毎日2度の消毒作業が実施されている(写真:IAM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は4月21日、自動車の運転者と歩行者の安全を確保するため、マカオ域内の各所でキッ…
  2.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで7日間にわたって開催された「ITTF(国際卓球連盟…
  3.  マカオでは、ひと頃に比べて状況は落ち着いたものの、依然として悪質タクシーが暗躍しており、市民や観…
  4.  マカオ治安警察局の発表によれば、4月19日から同日からポルトガルとシンガポールのパスポート保有者…
  5.  マカオ司法警察局は4月19日、同月17日にマカオの公共の場所でフィリピン人とみられる男らが集まっ…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun