マカオ、2023年3月のインバウンド旅客数は約196万人…前年同月比271.4%増、急回復の勢い持続

マカオ政府統計調査局は4月24日、今年(2023年)3月の訪マカオ外客数(インバウンド旅客数)統計を公表。

今年3月の単月インバウンド旅客数は前年同月比271.4%増、対前月22.8%増の195万6867人(延べ、以下同)で、3ヶ月連続で100万人の大台を維持した。

対前年で大幅増となった要因については、昨年12月から事実上のゼロコロナ政策への転換が進み、今年1月8日に水際措置が大幅緩和されたことが大きい。年間最大の書き入れ時となる春節(旧正月)ホリデーがあった1月以降もインバウンド旅客数の急回復ペースの勢いが持続している状況がうかがえる。

今年3月のインバウンド旅客の内訳は、宿泊を伴う旅客が前年同月比522.7%増の97万9152人、日帰り旅客が164.5%増の97万7715人。平均滞在時間は横ばいの1.2日で、内訳は宿泊を伴う旅客が1.4日短い2.2日、日帰り旅客が0.2日長い0.3日。

国・地域別で最多だったのは中国本土からの旅客で、前年同月比164.9%増の124万2358人、全体に占める割合は63.5%。このうち個人観光客が690.4%増の72万0052人。また、水際措置の大幅緩和を受けて陸路と海路の交通機関が相次いで再開した香港からの旅客数の急回復も持続しており、1077.2%増の62万2304人に。これらに次ぐのが台湾の2万6645人、フィリピンの1万5423人、インドネシアの8126人、韓国の4851人。日本は3266人で11位。

入境ルート別では陸路が最多で、前年比208.1%増の155万7561人。このうち關閘イミグレーション経由が44.7%、港珠澳大橋経由が40.2%、横琴イミグレーション経由が10.7%を占めた。また、海路は4886.4%増の26万8034人、空路は723.6%増の13万1272人。

マカオの世界遺産・聖ポール天主堂跡前で写真撮影を楽しむ旅客(写真:MGTO)

今年1〜3月累計のインバウンド旅客数は前年同期比163.7%増の494万8358人。内訳は、宿泊を伴う旅客が287.6%増の263万8753人、日帰り旅客が93.1%増の230万9605人。平均滞在時間は横ばいの1.3日で、内訳は宿泊を伴う旅客が1.1日短い2.3日、日帰り旅客が0.2日長い0.3日。

なお、昨年通期のインバウンド旅客数は対前年26.0%減の570万0339人で、新型コロナの影響が生じて以降の最少だった。今年は4月終了時点でこれを上回る可能性も十分ありそうだ。

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ金融管理局は7月15日、今年(2024年)6月末のマカオ特別行政区の外貨準備高(外匯儲備資…
  2.  マカオ半島新口岸地区にあるニューオリエントランドマークホテル(新東方置地酒店)のボールルームで7…
  3.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  4.  香港では、きょう(7月14日)午前0時からタクシー運賃が値上げとなった。値上げは2022年7月以…
  5.  マカオ市政署(IAM)は7月10日、コロアン島にある石排灣郊野公園で飼育・展示してきたキタホオジ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun