「ミシュランガイド香港マカオ2023」星獲得店発表…マカオは17店、前年から2増0減

 仏ミシュラン社は4月26日、香港・マカオでも高い知名度と信頼性を誇る人気グルメガイド「ミシュランガイド香港マカオ2023」の星獲得リストを発表。

 同タイトルは2009年の創刊で、以降は毎年更新版が出版されており、2023年が第15冊目となる。2023年版は前年に続いてマカオの統合型リゾート(IR)運営大手、SJMリゾーツがオフィシャルパートナーに。

新たに1つ星を獲得したザ・ロンドナー・マカオ「淮揚曉宴」のシニアシェフ肖飛氏=2023年4月26日(写真:Sands Resorts Macao)

 マカオでは、マカオ半島中心部に位置するIRグランドリスボア内のロブション・オ・ドーム(コンテンポラリーフレンチ)とエイト(中国料理)、コタイ地区のIRシティ・オブ・ドリームズ マカオ内のジェード・ドラゴン(広東料理)の3店が前年に続いて三つ星を獲得。2019年以降、三つ星はこの組み合わせで変わっていない。グランドリスボアはマカオで唯一となる1つ屋根の下に2つの三つ星レストランを擁するホテルのポジションを維持した。ロブション・オ・ドームはマカオで創刊以来15年連続三つ星を維持する唯一の存在だ。

ミシュランプレートから1つ星に昇格したMGMコタイ「蜀道」の料理長楊登全氏=2023年4月26日(写真:MGM)

 2023年版において、マカオで星を獲得した店の数は前回版2店増の17店。新たに星を獲得(初登場)した2店はいずれも1つ星評価で、コタイ地区にあるIRザ・ロンドナー・マカオ内の淮揚曉宴(淮揚料理)と同じくMGMコタイ内の蜀道(四川料理)。なお、星の格上げ/格下げはなかった。前回に続いて今回も星を獲得した全店がIR施設に入っており、マカオならではの特色といえる。

 ミシュランガイド香港マカオ2023で星を獲得したマカオのレストランのラインナップは以下の通り。(順不同)

三つ星
■ジェード・ドラゴン(広東料理)シティ・オブ・ドリームズ マカオ内
■ロブション・オ・ドーム(コンテンポラリーフレンチ)グランドリスボア内
■エイト(中国料理)グランドリスボア内
※前年から変動なし。

二つ星
■アラン・デュカス・アット・モーフィアス(コンテンポラリーフレンチ)シティ・オブ・ドリームズ マカオ内
■風味居(湖南・四川料理)スターワールドホテル内
■泓(マカオ)(日本料理)ウィンマカオ内
■シーチュアン・ムーン(四川料理)ウィンパレス内
■ウィンレイ(広東料理)ウィンマカオ内
※前年から変動なし。

一つ星
■麗軒(広東料理)ザ・リッツカールトンマカオ/ギャラクシーマカオ内
■オット・エ・メッツォ・ボンバーナ(イタリアン)ギャラクシーマカオ内
■パールドラゴン(広東料理)スタジオ・シティ内
■ザ・キッチン(ステーキハウス)グランドリスボア内
■ウィンレイ・パレス(広東料理)ウィンパレス内
■帝影樓(広東料理)アルティラマカオ内
■紫逸軒(広東料理)フォーシーズンホテルマカオ内
■淮揚曉宴(淮揚料理)ザ・ロンドナー・マカオ内
■蜀道(四川料理)MGMコタイ内
※初登場が2店で、蜀道はミシュランプレートからの昇格。

 2021年版から新たに加わったレストランのサステナブルな取り組みを評価する新カテゴリー「グリーンスター」について、マカオから選ばれたのは、公立のツーリズム専門教育機関にあたるIFT(マカオ旅遊学院)が運営する教育実習施設を兼ねたIFTエデュケーショナルレストラン(マカオ料理)のみで、前年同様。同店は先行発表されたコストパフォーマンスが高いレストラン(香港マカオ版では前菜、メインディッシュ、デザートの3品で400香港ドル/マカオパタカ=約6500円以下が基準)をピックアップする「ビブグルマン」カテゴリーにも入選している。マカオのビブグルマン掲載店は7店で、ラインナップは前回から変動なし。

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は7月18日、知人の男性から投資名目で預かった資金を詐取したとして30代の中国人…
  2.  マカオ治安警察局は7月18日、コタイ地区の統合型リゾート(IR)併設モール内にある衣料品店の試着…
  3.  マカオ治安警察局は7月18日、店舗のレジで行列に並んでいた2人の女性に対し、後方から下半身を押し…
  4.  香港とマカオの間では、従来から両地の通関施設において双方の永久性居民身分証(永住権保有者用IDカ…
  5.  マカオ国際空港運営会社にあたるCAMは7月19日、同日午前4時35分(現地時間、以下同)に離陸中…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun