国際カジノ見本市「G2Eアジア」が開幕…4年ぶりマカオでリアル開催も規模は縮小

 マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ヴェネチアンマカオ併設のコタイエキスポホールで7月11日、国際カジノ見本市「G2Eアジア2023」が開幕した。

 同展は、アメリカゲーミング協会とリード・エグジビションズの共催で2007年にスタートし、2019年まで13年(回)続けてマカオで開催されてきたが、コロナ禍で2020年から2022年まで開催見合わせが続き、マカオでのリアル開催は実に4年ぶりのこととなる。

 今回は初開催となる「アジアンIRエキスポ」を併催。13日まで3日間の会期中、出展企業によるブース展示のほか、主にゲーミング及びツーリズム関連テーマについての専門家によるパネルディスカッションや講演などが行われる。

「G2Eアジア2023」及び「アジアンIRエキスポ」エキジビション会場の様子=2023年7月11日、コタイエキスポホールにて本紙撮影

 主催者によれば、会場面積は約1.5万平米、出展社数は100超で、推定来場者数(バイヤー及びトレードビジター)は5000人超を見込んでいるとのこと。規模はコロナ前と比較して半分程度にとどまる。G2Eアジアは先行してウィズコロナに転換したシンガポールで2022年にスペシャルエディションと銘打ってシンガポールで開催しており、今年はシンガポール(5月30日〜6月1日)とマカオの2拠点体制となった。

 会期初日のエキジビション会場を取材したところ、巨大かつ華やかなブースを競い合うように出展していたカジノマシンメーカーのブースがなく、往年の規模と比較して明らかに縮小しているように感じた。同じイベントでシンガポールとマカオの開催時期が近かったことから、常連の出展者が前年も開催があったシンガポールへシフトし、今回マカオは様子見と判断した可能性もありそうだ。

 G2Eアジアといえば、日系のカジノマシン及び関連機器、カジノ用品メーカーなどによる出展やこれまでに日本版IRをテーマにした講演やパネルディスカッションを誘致するなど、日本の存在感が大きいことでも知られる。今回、カジノマシンに関しては上述の通りの状況だったが、カジノ用品を扱う複数の日系メーカーがブースを出展し、視察等とみられる日本人来場者の姿もあった。このほか、パネルディスカッションと講演についても日本人が登壇するセッションが用意されている。

「G2Eアジア2023」及び「アジアンIRエキスポ」エキジビション会場の様子=2023年7月11日、コタイエキスポホールにて本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ金融管理局は7月15日、今年(2024年)6月末のマカオ特別行政区の外貨準備高(外匯儲備資…
  2.  マカオ半島新口岸地区にあるニューオリエントランドマークホテル(新東方置地酒店)のボールルームで7…
  3.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  4.  香港では、きょう(7月14日)午前0時からタクシー運賃が値上げとなった。値上げは2022年7月以…
  5.  マカオ市政署(IAM)は7月10日、コロアン島にある石排灣郊野公園で飼育・展示してきたキタホオジ…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun