マカオ生まれの双子パンダが7歳に…中国本土での繁殖計画参加も

 マカオ・コロアン島の石排灣郊野公園内にあるジャイアントパンダの展示・飼育施設「マカオジャイアントパンダパビリオン(澳門大熊猫館)」では、1組のつがい(オスの開開/Kai Kaiとメスの心心/Xin Xin)、とその双子(いずれもオスで健健/Jian Jianと康康/Kang Kang)の4頭が飼育、展示されている。

 同館を管轄するマカオ市政署(IAM)は7月28日、4頭のジャイアントパンダの近況を明らかにした。

誕生日ケーキを食べる(左)心心と(右)健健(写真:IAM)

 健健と康康が6月26日、心心が7月5日にそれぞれ誕生日を迎え、近くにある学校の生徒らを招いての誕生日会を開催したとのこと。誕生日会では、飼育係が心を込めて手作りしたというフルーツと野菜などがシャーベット状になった夏にぴったりの特製ケーキが3頭にふるまわれたという。普段のエサについては、この時期に旬となるタケノコや複数の種類の笹の葉などを与えているとした。

 なお、マカオが夏季に入り、気温が高くなることから、IAMでは5月からジャイアントパンダを空調の効いた屋内での展示のみとし、2つある屋内プレイグラウンドでローテーション展示を行っているため、現在は同時に2頭しか見学することができない状況とのこと。

誕生日ケーキを食べる康康(写真:IAM)

 4頭の健康状況はいずれも良好で、開開(15歳)は体重117キロ、心心(16歳)は127キロ、健健と康康(いずれも7歳)はそれぞれ130キロと110キロという。人工飼育環境下におけるジャイアントパンダの寿命は20〜30年であり、5〜20歳が成年期、20歳以上が老年期にあたるが、体調は日によって変わるため、飼育チームでは日頃から4頭のメンタル、食欲、糞便の質と量のほか、血圧、採血、X線検査、触診などを通じて健康状態の把握に努めているとした。

 IAMでは、7歳になり適齢期を迎えたマカオ生まれの健健と康康について、中国本土でのジャイアントパンダ繁殖計画への参加を希望しており、中国本土当局と連絡を取り合っているとのこと。

ジャイアントパンダの採血訓練(左)と超音波検査(右)の様子(写真:IAM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  6月12日付のマカオ特別行政区公報(官報に相当)に2023年廉政公署(汚職捜査機関、CCAC)業…
  2.  6月12日付のマカオ特別行政区公報(官報に相当)に新交通システム「マカオLRT」を運営するマカオ…
  3.  マカオ政府衛生局(SSM)は6月12日、マカオでデング熱伝播の高リスクシーズンを迎えているとし、…
  4.  マカオ司法警察局は6月11日、マカオの路上で徒党を組んでスリを行ったとして中国広西チワン族自治区…
  5.  マカオ司法警察局は6月11日、”アイス”と呼ばれる覚醒剤の吸引及び密売に絡み、マカオで居住、就労…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun