マカオ、2023年2QのGDPが対前年117.5%増…四半期ベースで2年来最大の伸び

 マカオ政府統計調査局は8月25日、今年第2四半期(2023年4〜6月)の域内総生産(GDP)に関する統計を公表。

 今年第2四半期のマカオの実質GDPは前年同時期から117.5%増となり、四半期ベースでは2021年第2四半期以来の伸びを記録した。インバウンド旅客数の大幅増に伴い、ゲーミング(カジノ)サービス輸出が463.6%増となったことなどが主要因。

 今年上半期のGDPは前年同時期から71.5%増で、マカオ経済はコロナ前にあたる2019年同時期の約71%まで回復した。

 なお、今年上半期累計のインバウンド旅客数は2019年同時期の67.5%に相当し、これを上回るペースで経済回復が進んでいる状況がうかがえる。

インバウンド旅客で賑わうタイパビレッジ(資料)=2023年4月30日(写真:GCS)

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ国際空港運営会社のCAMは9月27日、港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設の制限エリア内…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)ザ・ロンドナー・マカオ内に入るコンラッドマカオ…
  3.  マカオは人口約67万人、面積約32平方キロという小さな街だが、世界遺産やカジノを核とした大型IR…
  4.  マカオ警察総局は9月27日に会見を開き、広東省及び香港の警察当局と合同で今年(2023年)6月1…
  5.  公立マカオ理工大学(MPU)ゲーミング&ツーリズム研究センターは9月26日、同月23日にマカオ青…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ」内に9月8日、新ホテル「W…
  2.  香港とマカオの間をおよそ1時間で結ぶ高速船「ターボジェット」及び「コタイウォータージェット」を運…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオの統合型リゾート(IR)運営大手のギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年10月号
(vol.124)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun