マカオ、国慶節大型連休2日目のインバウンド旅客数が約15.8万人に…年初来最多更新

 中国本土で大型連休となる国慶節ゴールデンウィークはインバウンド旅客のうち7割を中国本土旅客が占めるマカオにとって年に複数ある書き入れ時のひとつに数えられる。

 今年(2023年)の国慶節ゴールデンウィークは直前の中秋節と合わせて9月29日〜10月6日の8日間。マカオではアフターコロナで年初からインバウンド旅客数が急回復している状況。マカオ当局では、連休中の単日平均インバウンド旅客数を約10万人(延べ、以下同)と見込む。

国慶節大型連休中の世界遺産・聖ポール天主堂跡付近の様子=2023年9月30日(写真:MGTO)

 マカオ政府旅遊局(MGTO)が10月1日に発表したインバウンド旅客数資料(速報値)によれば、連休2日目(9月30日)のインバウンド旅客数が15万8633人を記録し、年初来最多を更新。また、今年1〜9月累計のインバウンド旅客数についても2000万人近くに達したとのこと。

 このほか、中国旅遊研究院による「2023年上半期出境旅遊ビッグデータレポート」において、今年上半期における中国本土からの出境旅客のうち、マカオがデスティネーション別で首位だったという。

 なお、大型連休初日(9月29日)のインバウンド旅客数は8万8089人で、2日目までの累計では24万6722人、単日平均は12万3361人に。

国慶節大型連休初日に歩行者天国化がスタートしたばかりの観光名所・福隆新街の様子=2023年9月30日(写真:MGTO)

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は12月1日、マカオ検察院所属のバイクを壊したとして50代のロシア人の男を加重器…
  2.  マカオ政府財政局(DSF)が12月1日に公表した最新統計によれば、今年(2023年)11月前半の…
  3.  澳門海關(マカオ税関)は11月30日、各イミグレーション施設でIT技術の活用を含む検査体制の強化…
  4.  マカオ政府博彩監察協調局(DICJ)は12月1日、今年(2023年)11月の月次カジノ売上(粗収…
  5.  マカオ治安警察局は11月29日、同月26日にマカオ半島旧市街地の路上で20代のマカオ人女性2人の…

ピックアップ記事

  1.  マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典「マカオグランプリ」。1954年にスタートした歴…
  2.  マカオ航空日本支社の発表によれば、現在成田路線を週4便(火・木・土・日曜)で運航しているが、今年…
  3.  マカオでは、2019年12月に初の軌道系大量輸送機関として新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年12月号
(vol.126)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun