マカオ税関が同日内に2件の密航事案摘発…中国人の男3人逮捕

 澳門海關(マカオ税関)は10月22日、最近の密航活動の趨勢と情報分析結果からマカオ周辺海域のスマート監視システム及びドローン等のIT技術を活用して海上及び沿岸の高リスク地点における監視体制を強化して臨む中、同月20日に密航事案2件の摘発に成功し、違法出入境を企図した中国人(中国本土居民)の男3人を逮捕するに至ったと発表。

 1件目の事案は20日未明、海域スマート監視システムによって不審なボートがマカオ半島北東沖に位置する埋立地「新城A区」の橋梁建設現場付近の海域を航行しているのを察知し、すぐに高速パトロール艇を向かわせ、ボートの動向を監視していたところ、ボートに乗っていた2人のうち1人が上陸を図り、ボートが現場を離れていくのを確認したため、すぐに海と陸での捜索を開始。まもなくボートと不法上陸者の制止に成功し、ボートの操縦者(いわゆる蛇頭)と不法上陸者をそれぞれ逮捕。不法上陸者は税関の調べに対し、合法的にマカオへ入境できない立場にあることから密航でマカオに来たと説明し、蛇頭も密航目的の人物を載せたことを認めたという。

1件目の事案で監視システムが捉えた不審なボート(上)と不法上陸者(下)の映像(写真:澳門海關)

 2件目の事案は20日夜、税関職員が新城A区のパトロール中、突堤部に1人の不審な男がいるのを発見し、高速パトロール艇、パトロールカー、ドローン部隊に捜索サポートを要請した後、発見場所近くで男の逮捕に成功。男は税関の調べに対し、密出境するため迎えのボートを待っているところだったと説明したとのこと。

 上記2件で逮捕された男3人の年齢は33〜47歳。税関は1件目の蛇頭を不法出入境ほう助、不法上陸者を不法出入境の罪でそれぞれ起訴。2件目の不法出境を企図した男については2件目の不法上陸者とともに治安警察局の出入境管理部門に身柄を引き渡し済みとした。

 税関では、今後も海上及び沿岸における巡回強化を継続して臨むことで、違法行為を撲滅するとしている。

2件目の事案で密航による不法出境を企図した男の捜索及び逮捕時の様子(写真:澳門海關)

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は12月1日、マカオ検察院所属のバイクを壊したとして50代のロシア人の男を加重器…
  2.  マカオ政府財政局(DSF)が12月1日に公表した最新統計によれば、今年(2023年)11月前半の…
  3.  澳門海關(マカオ税関)は11月30日、各イミグレーション施設でIT技術の活用を含む検査体制の強化…
  4.  マカオ政府博彩監察協調局(DICJ)は12月1日、今年(2023年)11月の月次カジノ売上(粗収…
  5.  マカオ治安警察局は11月29日、同月26日にマカオ半島旧市街地の路上で20代のマカオ人女性2人の…

ピックアップ記事

  1.  マカオでは、2019年12月に初の軌道系大量輸送機関として新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオ航空日本支社の発表によれば、現在成田路線を週4便(火・木・土・日曜)で運航しているが、今年…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典「マカオグランプリ」。1954年にスタートした歴…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年12月号
(vol.126)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun